« 青少年が知能犯となる原因は? | Main | 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① »

人権擁護法案に異議あり!

人権団体や報道機関などの批判を受けて2年前に廃案となった人権擁護法案が今国会で再提出されそうです。

人権侵害の主体となりうる存在は色々とありますが、国家の三権力の中で国民の人権を侵害する可能性がもっとも高いといえるのは、行政権でしょう。したがって、少なくとも、人権委員会は行政権から独立したものでなければなりません。

ところが、この法案では人権委員会を法務省の外局として設置するという方針が依然として維持されています。

そして、日本の法務省は、
国家対市民の訴訟において行政権を代表する立場
にある上に、

・「昭和58年10月6・7日開催の全国次長検事会同における次長検事指示」により、刑事事件、再審事件において証拠の開示を頑なに拒み、
・人権侵害の可能性の高い取調過程の「可視化」に頑なに抵抗し、
・受刑者の処遇不満の申し立てにもほとんど対応せず、
・国民監視機関である公安調査庁を傘下にもち、
・国連が難民と認定したクルド人を強制送還(本年1月18日)し、
・獄中者の処遇、死刑囚の処遇について国連の人権委員会から度重なる勧告を受けながらもこれを無視し、
てきた法務省は、むしろ、独立した人権機関から「調査」を受けるべきではないでしょうか。

私は、このような人権擁護法案の持つ問題点や危険性を広く訴え、国会への上程に反対するものです。

代案ですが、日本弁護士連合会と各都道府県の単位弁護士会には、人権擁護委員会という組織があり、何らの法的権限がないにもかかわらず、これまで、警察官による様々な人権侵害、拘禁施設における処遇問題、報道機関による名誉毀損、子どもに対するいじめ、虐待、体罰、外国人に関する入・出国管理上の不利益な取扱等々に関して多くの勧告や警告を行ってきています。また、支援を決定した刑事再審事件については、4件の死刑判決、8件の有罪判決について無罪判決を勝ち取っているという実績があり、 人権擁護委員会のこれらの活動は、社会的に一定の評価を受け、いろいろな方面に様々な影響力を及ぼしています。

人権擁護活動は、まさに、弁護士法第1条「弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」に基づき、国内のあらゆる人権問題みならず国際的な人権問題についての調査・研究活動を行っている日弁連にふさわしい仕事だと思います。
日弁連の人権擁護委員会に法的な調査権限を付与し、勧告・警告等の処置についての効力に強制力を持たせるようにすればいいと思いますが、いかがでしょうか?

|

« 青少年が知能犯となる原因は? | Main | 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① »

Comments

この話題を扱うすべての記事に書き込ませてもらいます。
言語の弾圧は絶対反対です!
言いたい事が言えないなら民主主義ではなく国会主義と同じです!
国民に知らせないで国会だけで決めるなんて最低の行為です!
この国は国会だけのものじゃない!

Posted by: YAMA | March 10, 2005 at 06:50 AM

初めまして、救世主かける様と申す者です。

早速ですが、皆様は人権擁護法案に反対していらっしゃるようですが、
人権擁護法案は良い法案ですよ。何処に問題があるのでしょうか?
救世主かける様は、人権擁護法案賛成です。
ただ訳も分からず反対するだけでなく、もう一度よく考えてみては如何でしょう?

かける様大学(人権擁護法案に関する助言も御座いますので、読んでみて下さい)
http://kakerun.client.jp/

人権擁護法案を推進する会
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/22000/1117636095/l100

Posted by: 救世主かける様 | June 02, 2005 at 05:51 PM

Incredible story there. What occurred after? Good luck!

Posted by: Free music Downloads | February 27, 2015 at 01:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/2855076

Listed below are links to weblogs that reference 人権擁護法案に異議あり!:

» トラックバック雑記文・05年02月16日 [後藤和智事務所 -若者報道と社会-]
 週刊!木村剛:[ゴーログ]国民総背番号制にあなたは賛成ですか?(木村剛氏:エコノミスト)  署名で書く記者の「ニュース日記」:500円偽造の不思議(伊藤圭一氏... [Read More]

Tracked on February 16, 2005 at 05:29 PM

» 人権擁護法案反対にご協力をお願い致します!! [人権擁護(言論弾圧)法案反対!]
人権擁護法案反対にご協力をお願い致します!!  この法案は差別等の人権侵害を禁止するものですが、「差別」を厳密に定義しておらず、また差別の「助長、誘発」を... [Read More]

Tracked on March 05, 2005 at 01:55 PM

» 人権擁護法案 [小倉秀夫の「IT法のTop Front」]
 前回のエントリーでは「現在の日本では、個々人ではなく、ある人種なり、民族なりを侮蔑したりする表現は、法的には禁止されていません。」と述べました。ただし、そうい... [Read More]

Tracked on March 09, 2005 at 11:33 AM

» 野中→古賀ライン。つまりはコレも北朝鮮か! [園丁日記]
「人権擁護法案」提出とは、こういうことでした。 私たちの人権だけの騒ぎではありません!!!!! [Read More]

Tracked on March 10, 2005 at 11:43 PM

» トラックバック雑記文・05年03月16日 [後藤和智事務所 -若者報道と社会-]
 今月12日から13日にかけて、東京に行ってきました。JRの土日きっぷ(宮城県古川市より南の東北、関東全域、中部地方の東部におけるJRの電車賃が指定した土日はす... [Read More]

Tracked on March 16, 2005 at 04:55 PM

» 人権擁護法案反対の倫理を問う [後藤和智事務所 -若者報道と社会-]
 人権という概念こそ、我が国において最もその意図するところと違う形で国民に理解されているものである。現在国会で議論されている「人権擁護法案」は、その誤解・曲解の... [Read More]

Tracked on March 17, 2005 at 12:19 PM

» これからこのブログでの情報発信をスタートします。 [hirono_hideki 日暮途遠]
asin:B000BM6M5Y:detail  取り上げる話題は、司法、社会問題、時事、事件、UNIX、FreeBSD、Linuxなど多岐に渡るかと思いますが、刑事告発、再審請求という個人的な問題に基礎をおく、私個人の自己紹介も目的にしています。  社会的意義、影響も大きいというのが私個人の考えなのですが、受け止め方は様々でしょう。ただ、現実問題として、私は最高権力としての検察、そして警察に皆様の声を届ける基盤を築き上げてきました。  時世の不条理、理不尽に疑問を呈する方々、理想的社会の実現を模索... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 12:38 AM

» [告発の事実]実名の公開について [hirono_hideki 日暮途遠]
 アクセス数は、丸一日で120件程度でしたが、21時以降はとても少なくなっています。これは、ユニークID数です。  かなり幅広くブログのご案内をしてきたのですが、その割りにはずいぶん少ない気がします。だいたい一日に100件程度というのは、一月ほど前に開始した「現代司法の問題点(http://blog.goo.ne.jp/hirono_2005/)」とほぼ同じくらいです。  こちら方が見た目も明るい感じなので、もう少しは増えるかと期待していたのですが、過剰の期待だったのでしょうか。  この少なさは、か... [Read More]

Tracked on December 07, 2005 at 12:28 AM

« 青少年が知能犯となる原因は? | Main | 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① »