« 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① | Main | 「身柄を拘束」?! »

石原知事「ババァ」発言、女性たちの賠償請求棄却

東京都の石原慎太郎知事(72)が週刊誌で「文明がもたらした最も悪しき有害なものはババァ」などと発言した問題を巡り、都内の女性131人が石原知事に約1440万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であり、河村吉晃裁判長は「不適切な表現だが、女性全般について個人的な意見を述べたもので、原告個人の名誉を傷つけたとはいえない」として請求を棄却する一方、判決は「男女平等を規定した憲法の基本理念と相いれず、(知事という)要職にある者の発言として不用意だった」とも指摘しました。

あちこちのMLやホームページを見ると判決について否定的な見解が多いようですが、私は、今回の判決の結論は概ね妥当ではないかと思います。

最近、ある集団に関する表現行為について、その集団に属する個々人に損害賠償請求権を認めようとする動きがありますが、私は基本的には、反対の立場です。(なお、私は決して石原都知事発言それ自体を擁護するつもりはありません。政治家として姿勢に大いに疑問を感じますし、こういう都知事を擁していることを一都民として恥ずかしくも思っています。その政治的な責任は大いに追及されてしかるべきでしょう。)

例えば、
女性差別発言
人種差別発言
部落差別発言
などについても、特定の個人に対し向けられたものではない限り、慰謝料請求権を認めるべきではないと思います。
それは、表現の自由の問題との関係で、非常に微妙な問題を孕んでいるからです。

理由
(1) 非常に安易な言葉狩りにつながりかねず、却って問題の所在を不明確にする危険性が強いこと。
    差別について語るためには、差別的な表現を避けて通ることは出来ませんが、差別的な表現をどのように受け止めるかは、最終的には個々人の問題です。人の感性がさまざまである以上、ある種の表現について「不愉快」と受け止める人がいることもある意味当然のことであり、そのような場合に、一々慰謝料請求権を認めていては、自由な議論をすることが非常に難しくなります。

(2)特定の「集団」が自らに対する批判を封殺するための手段として、訴訟制度を悪用する可能性があること。
例えば、ある企業ないし宗教団体の構成員が、自らの所属する集団に対する批判を封殺するために、個々の構成員が原告となって一斉に全国で訴訟提起するようなことが考えられます。

   実際、「幸福の科学」という宗教団体の信者らが、「幸福の科学」に対する批判的な記事を掲載した出版社に対し、訴訟を提起しているという事件が多数あります。

   代表的な判決としては、高松高等裁判所平成6年10月25日判決がありますが、この判決において裁判所は、
「直接被害者の損害以外に、すべての間接被害者の損害(以下、「間接損害」という。)についてもその損害賠償を一般的に認めることになれば、その被害者及び損害が不当に著しく拡大され、加害者に過大かつ予測不可能な負担を課することとなって、損害の公平な分担という不法行為制度の趣旨に照らして妥当でないと考えられるので、間接被害者は、その間接損害につき、原則として不法行為に基づく損害賠償請求ができず、例外的に、民法
七一一条に基づき慰謝料請求をする場合、その他、直接被害者との人的結びつきが深く、固有の連繋性により直接被害者と社会経済的に一体関係がある場合で、かつ、直接被害者への損害賠償のみでは償いきれないものがあって、間接被害を認めることが相互の公平に合致する場合に限ってその請求ができるものと解するのが相当である。」

と判示しており、そのロジックは、今回の石原都知事の「暴言」についても妥当するのではないかと思います。

  表現の自由の観点からは、「女性全体に対する侮辱」行為について慰謝料請求権を認めなかった今回の判決の結論は妥当であると言わざるを得ません。

|

« 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① | Main | 「身柄を拘束」?! »

Comments

石原ババア発言の問題が、こんなにも
真剣に扱われていないのは、なぜでしょ
うか。
弁護士先生の、損害賠償を認めなかった
裁判所の判断は妥当である、との評価
はその通りだと思います。
しかし、この問題の所在はそんな小さ
なことにあるのでしょうか。
私は、この発言は、現代の日本では希
に見る差別発言であると思います。
第三国発言などとは程度があまりにも
違い大きすぎると思います。
今回に限って言えば、石原氏は弁明の
余地がないと思います。
だって、女性は生殖能力がなければ
人間ではないと言っているのですよ。
憲法を持ち出すまでもなく、人権侵害
でしょう。表現の自由が根拠で許され
ることになるのでしょうか。
こんな発言が許されるなんて私は信じ
られないし、損害賠償請求しか公的な
判断ができないのなら、石原氏のよう
に良心がない者に対しては、どうしよ
うもないということになる。確信犯と
さえ思えてくる。日本で司法が無力な
ら、国連等に訴えることはできないの
か。この発言は地球の半分の人を侮辱
するのであるから。
それに、私は石原氏は間違っていると
思う。男が年を取って生殖能力を失わ
ないとしても、使っていなければ何の
意味も価値もないのに、何で男女の価
値に差が生じるのか、教授の話を聞い
てなるほどなんて思えるわけがない。
どちらにしろ、私はこの現代の日本に
おいて、石原氏のこの発言は、なんと
してでも、謝罪させ、撤回させなけれ
ば、日本の恥であると思います。


Posted by: 小川博生 | March 14, 2005 at 12:23 AM

小川さんの主張はだいたいその通りだと思います。石原氏の発言は何としてでも謝罪・撤回させなければ日本の恥だと私も思います。
確かに損害賠償請求では負けました。しかしこれしか公的な判断の機会がないというのは誤りでしょう。選挙で落選させれば,彼に政治的死刑を与えることができます。
結局のところ,石原氏個人が大問題であるとともに,それを許しつづけている都民の政治的知性のレベルもやはり問題なのです。現状では日本の民主主義は所詮カッコツケに過ぎないでしょう。
でも裁判官も表現の自由を根拠に石原発言を許しているわけではないですよ。

Posted by: スケプティクス | April 12, 2005 at 05:22 PM

本件に関し、損害賠償請求の他に何か方法はないのでしょうか。私は、女性は別にお金が欲しいのではなく、
石原氏に謝ってもらいたい、言ったことに関し、間違っていたと反省してもらいたいのだと思います。
 裁判官は不用意な、不適切な発言だったと判断しながら、何もできない。これに対し、悪用する人が出てくるから、損害賠償請求は認めるべきではないという考えがありますが、個々に対応するべきであって、別に合一判決の要請に反することは全くないし、一体何のための弁護士で、何のための法律でしょうか。
 私は、この件に関しては「悪意」を感じざるを得ません。要するに法律を熟知して、ここまではやっても大丈夫と高をくくっていると思います。
 女性団体もやり方が一本のみで、もっと、国連を使うなどの方法を使うべきと思います。また、マスコミは完全に石原氏に恐れをなしている様子ですが、なぜなのでしょうか。
 私は、この件は、石原氏が他人の考えを引用して言っているのになぜいけないのか、と言っていますが、判決の通り、引例を曲解し、誤った情報として、雑誌に流しているのですから、同一性保持権違反の著作者人格権侵害ですよね。それで終わりではないですか。
 裁判所は処分権主義ですから、まわりが知恵をしぼらないと、人の世の上でも裁判史上でも、あとで悔いが残ることになってしまいます。

Posted by: 小川博生 | April 25, 2005 at 12:41 AM

石原ババア発言について

弁護士も、巧妙な悪に対して、無力ですね。
反論して下さい。

Posted by: 小川博生 | June 10, 2005 at 07:54 PM

不特定多数の「ババア」を非難して
具体的な女性が賠償を求める。
原告適格に問題あります。

フェミに何もいえない風潮が児ポ法を生んだわけで
現状のフェミ独裁に一石を投じる石原氏の功績は大きいと思います。

Posted by: 田口圭 | June 13, 2008 at 09:49 AM

 こういう時こそ言論のと表現の自由を行使して、
「そういうお前だって負けず劣らずの害悪まき散らしてるジジイじゃねーか」>石原
と言い返しておけば済む話じゃないのかと。

Posted by: apj | June 17, 2008 at 01:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/3074559

Listed below are links to weblogs that reference 石原知事「ババァ」発言、女性たちの賠償請求棄却:

» トラックバック雑記文・05年02月25日 [後藤和智事務所 -若者報道と社会-]
 [ゴーログ]日本は本当に資本主義の国なのか?(木村剛氏:エコノミスト)  痛い指摘だなあ。でも、本当にそう思ってしまうことも少なくありません。  もとより、私... [Read More]

Tracked on February 25, 2005 at 09:03 PM

» 「フランス語は数を数えられない」発言提訴の行方 [dadada]
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20050603 落合洋司弁護士(元検事)のブログに、落合弁護士および町村教授のコメントがあった。 落合弁護士の見解は、「提訴するとのことですが、上記の都知事の発言で、「意欲が喪失」する人がいるかな?と思いますね」であり、町村教授の... [Read More]

Tracked on June 09, 2005 at 11:03 PM

« 自民党憲法改正草案と「牛丼」「カレー」論争① | Main | 「身柄を拘束」?! »