« 美少女アダルト」アニメ規制を…超党派議員が初会合 | Main | 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 »

一連の美少女アニメ・ゲームバッシングについて

今回の一連の規制騒動について、非常に優れた情報整理サイトが登場していますので、ご紹介します。

まず、今回の騒動の発端とでも言うべき一連のオタクバッシング報道についてまとめたサイト
 ↓
「フィギュア萌え族(仮)犯行説」問題
奈良女児誘拐殺人事件における、マスコミのオタクバッシングまとめサイト

次に、「ロリータ系」「美少女アダルト」などと呼ばれるわいせつなアニメやコンピューターゲームの規制を目指す超党派の国会議員の会合の「仕掛け人」とでもいうべきNPO団体「ジュベネイル・ガイド」の正体と運動の真意について、大変に興味深い事実を報告されているサイト

何故、興味深いかと言いますと、
美少女アダルトアニメゲーム製作会社に本拠を置き、その製作会社の社長が代表を務める組織でありながら、美少女アダルトアニメシュミレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定を衆議院議長に請求する」NPO団体「ジュベネイル・ガイド」の対応は常識に考えて(ハぁ?)としか言いようがないものだからです。

これを最初にすっぱ抜いたのが、
 ↓
反ヲタク国会議員リスト
特に興味深いのは、
 ↓
http://d.hatena.ne.jp/axgx/?of=2

あと、何故か、突然に、「ジュベネイル・ガイド」は、署名の提出先を変更したようです。
何か、ばれてはまずいことでもあったんでしょうか?

 ↓詳しくは、
アルトラ党 オフィシャルサイト

|

« 美少女アダルト」アニメ規制を…超党派議員が初会合 | Main | 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 »

Comments

ビジネスモデルの鞍替えを狙ってると思う。
子どもたちの健全育成や福祉関係のビジネスはエロゲより(゚д゚)ウマーだぞ 。

野田聖子がジュベネイル・ガイドの正体を知っていてやっていると思う。

----------------------
論拠のメインポイント

・アダルトアニメが性犯罪を助長する統計的・客観的根拠は一切存在しない
・小林容疑者の初犯は中学生、彼が「影響を受けた」というアダルトアニメを見たのは高校生
・アメリカでも同種の創作・擬似児童ポルノ規制を含む法案に最高裁で違憲判決が出たこと
 (米最高裁は、バーチャル児童ポルノが児童の性的虐待に直接結びつくと主張していた米司法省の訴えを却下)

Posted by: 外人さん | April 21, 2005 at 08:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/3793270

Listed below are links to weblogs that reference 一連の美少女アニメ・ゲームバッシングについて:

» 「児童ポルノ禁止法改正」再び!! [めぞん六星の書斎の部屋]
自民党、野田聖子衆院議員が再び児童ポルノ改正に動き出した模様です。   ○幼児の [Read More]

Tracked on April 21, 2005 at 05:00 PM

» そういう事でしたか [troll]
いまいちどう読んでいいのかわからなかったのですが。 ■「美少女アダルト」アニメ規 [Read More]

Tracked on April 21, 2005 at 07:17 PM

» トラックバック雑記文・05年04月21日 [後藤和智事務所 -若者報道と社会-]
 ン・ジュンマ(呉準磨)の備忘録:私も社説批評にトライ!!アルゼンチン「借金踏み倒し=造反有理」かもよ!?  カマヤンの虚業日記: [政治]「東アジア」的統治  読売新聞の社説に挑戦しています。私の家でも読売新聞をとっているのですが、私の目が肥えてきたせいなのかもしれませんが、最近の読売の社説はどうもつまらない。最近では、中国の反日暴動を何度も採り上げていますけれども、どうも過去に我が国が中国に対... [Read More]

Tracked on April 21, 2005 at 09:24 PM

» スーパーモーニングでの監禁王子の被害者に対する「動物」発言の真意 [フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版]
大谷昭宏氏の「監禁被害女性は動物」発言について、ビデオから起こしてみました。小林被告の犯行を非難したものであって、誤解は招くものの問題発言ではありませんでした。一連の問題発言について、我々が過剰反応してきたかの様に見せる為に、あえて誤解を招きそうな表現を使っている疑いもありますので、気をつける必要があると思います。 渡辺「ひとつね。その、高校2年生が、東京在住の子が、青森まで行くって事も、ちょっと、私ね... [Read More]

Tracked on July 17, 2005 at 05:18 AM

« 美少女アダルト」アニメ規制を…超党派議員が初会合 | Main | 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 »