« 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! | Main | 「日本版ラスベガス」も ゲームや格闘技の議連発足へ »

「暴力」ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ

「暴力」ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ
-----------------------------------------------------------------------------------
 残虐な殺害シーンなどを含むゲームソフトの販売規制のため、神奈川県は、特に残虐性や暴力性の高いソフトを県青少年保護育成条例に基づき、有害図書類に指定する方針を明らかにした。

 30日の県児童福祉審議会に諮問する。指定されれば、6月にも県内での18歳未満への販売禁止と、店頭での一般ソフトとの区分陳列が義務づけられることになる。

 同県によると、条例で残虐ゲームソフトを有害図書類として規制するのは全国で初めてという。

 諮問するのは、銃や刀を使って人間を倒していくゲームのソフト1本。家電量販店などで販売されているが、「場面設定が現実社会に近く、暴力性や残虐性が極めて高い」(県青少年課)という。有害性が心配されている複数のソフトの中から、県青少年課が他のソフトとも比較して選んだ。

 同県は、今年2月、大阪府寝屋川市で教職員を殺傷し、逮捕された少年が、残虐性の高いゲームに熱中していたことなどを重視。ゲームソフトに対する早急な規制が必要として検討を進めていた。同条例は「青少年の粗暴性や残虐性を甚だしく誘発、助長し、健全な育成を阻害するおそれがある」図書類を有害図書類として販売を規制。対象としてCD―ROMなどの記憶媒体も含んでいることから、県は、ゲームソフトにも条例を適用できるとしており、今後も、同様に問題があると思われるソフトについては有害図書類の指定を諮問する。
(読売新聞) - 5月25日23時9分更新
-----------------------------------------------------------------------------------

この国に、エビデンスに基づいた青少年政策と言うものは存在しないのでしょうか?
いい加減に自分達に理解できないもの、不愉快なものを「青少年のため」というもっともらしいお題目をつけて弾圧することは止めて、真剣に青少年の真の利益となる施策を講じるべきだと思います。

そこで、質問です。以下の5つの項目は****年度(西暦)の犯罪白書において少年犯罪の異常性について、述べたものです。****にあてはまる正しい数字を入れて下さい。

①即行的 欲求を満足するために、熟慮せず、ただちに無計画に行動に移す。少年の精神の未熟さが原因だ。
②享楽的 かつては経済的な困窮や生活苦からの犯罪が多かったが、****年以降は、享楽追求の面が強い
③集団性 犯罪が生ずる罪責間を仲間意識で薄める。
④攻撃的 大人や権威に対して強い反抗心を持つ。
⑤過剰性 金を取るだけで十分なのに、人や動物まで殺す。

(答え)1960(昭和35年) ちなみに、この年13歳以下の少年による殺人件数は15件で戦後最高です。
    ソース→反社会学講座

私は、1976年1月生まれなので当時は、「精子」と「卵子」以前の状態な訳ですが、当時、残酷なゲームとかはあったんでしょうか?

|

« 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! | Main | 「日本版ラスベガス」も ゲームや格闘技の議連発足へ »

Comments

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

Posted by: 人気BLOGRANK | May 26, 2005 at 07:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/4281182

Listed below are links to weblogs that reference 「暴力」ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ :

» トラックバック雑記文・05年05月31日 [新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~]
 ブログ移転後の最初の記事がこれですみません。ブログを移転してから、私は建築設計 [Read More]

Tracked on May 31, 2005 at 01:10 AM

» 壊れる日本人と差別する柳田邦男 [新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~]
 私が俗流若者論に対して違和感を持つようになったのは高校1年の頃だ。私が高校1年だった平成12年5月、マスコミで「17歳の殺人」が喧伝され、私が世間から殺人者として水落あれているのではないか、という恐怖心に駆られていた。そして、私が俗流若者論に対して本格的に批判的検証を行うようになったのは、高校2年のとき、17歳になる数ヶ月前であった。最初の頃は、感情論的な「反論」ばかりであったが、大学生になって... [Read More]

Tracked on June 06, 2005 at 01:36 AM

« 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! | Main | 「日本版ラスベガス」も ゲームや格闘技の議連発足へ »