« 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 | Main | 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! »

個人情報を見ず知らずの人に教えちゃダメよ

報道によれば、「東京都足立区で少女が約3カ月監禁された事件で、小林容疑者は、昨年2月、インターネット上のチャットで今回の被害者となった少女(当時18歳)と知り合い、数回のやり取りをした後、バレンタインデーにチョコレートを贈ってもらったころから態度をひょう変させ、「やくざを送り込むぞ」などと脅して同年3月上旬上京させた」らしい。

小林容疑者は、以前にも女性2名を監禁し、北海道江別市の当時の自宅に同居させていた21歳と19歳の女性に対する監禁容疑で逮捕され、傷害罪などで起訴されており、2003年8月に札幌地裁から保護観察付で懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡され、執行猶予中の犯行であったことから、性犯罪者の再犯の防止、性犯罪者に対する量刑の軽重についての議論が今後活発になるものと思われる。

しかしながら、報道の中において、リテラシーの重要性について述べるものがない点が気になる。
インターネットのチャットで知り合っただけのどこの誰とも知らない相手に対し、個人情報を開示することは非常に危険なことだということを誰も彼女に教えていなかったのだろうか?
彼女がきちんとインターネット上におけるリテラシーについて極々初歩的な知識を有していれば、小林容疑者の罠にひっかかることはなかったのだ。
念のため、誤解のないように言っておくが、いわゆる「被害者の落ち度」により、小林容疑者の罪責がいささかなりとも軽くなると主張しているものではない。

わが国では、有害な環境あるいは情報を規制した上で、青少年を隔離するという方向で議論が進められてきたが、その結果、青少年は「危険」の見抜き方、対処の仕方、あるいは付き合い方が分からなくなったのではないか。「規制」を機軸に置いた議論の限界がここに現れていると思う。

「有害」か「無害」かは、情報それ自体に固有の属性の問題ではない。人は発信された情報について、自分なりに咀嚼した上で受容するものであり、受け止め方は千差万別である。すなわち、「絶対的」に「有害」な情報と言うものは存在せず、ただ、情報の受け手の有する知識と経験に左右されるに過ぎない。ほんの僅かの知識と警戒心だけで被害者となることは防ぎえるのである。リテラシーが重要であるゆえんである。

今後、事件の解明が進むに連れて、事件の原因や背景について議論が深まることと思うが、ここで、安易な「犯人探し」をすることは何の解決にもならないことを強調しておきたい。インターネットやゲームなどのメディアの悪影響に事件の原因を求め、その規制を主張することにより、犯罪被害の抑止に役立っていると思い込む浅薄な議論は何の役にも立たないことを知るべきだ。安易な厳罰化を求める議論についても同様だ奈良女子小学生誘拐殺人事件のときにおける大谷昭弘氏のような底の浅い議論を展開するのではなく、データに基づいた根拠のある議論がなされることを切に願う次第である。


|

« 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 | Main | 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! »

Comments

僕は18歳の大学生です。
この事件の報道ではなぜか
「犯人は調教ものエロゲーを持ってて、それが犯罪の原因になった」
とも取れるようなものがあります。

これは、まったくの極解報道だと思います。
以前より似たような事件でにた報道がなされてきましたが、
「エロゲーが犯罪を誘発するのか、犯罪者がエロゲーを集めてたのか、どちらが先かなんてわからないじゃないか?」
という感想を持っていました。

つい最近まで児童だった経験から言わせてもらえば、
「SEXが気持ちいい(やったこと無いけど)という情報のほうが、確実に性教育より早く入ってくる。」
つまり
「必要な知識がつく前に、『知識が無い場合特に有害となりえる性的情報』自体がやってきてしまう。」
ということです。
夢精も、教えられる前に起きました。

僕は、それがすごい怖いことに思えます。
幸い(?)僕はもてなかったので、そういう経験はいまだに無く、遅れて入ってきた情報も生きてるのですが、それも性教育ではなく自力で獲得したものなので、本当に性教育の後手後手感を否定できません。

やはり山口先生の語るとおり
「子供が自分で、自分を守れるような情報の取捨選択の教育・性教育が必要」
なのです。

このことには二つの意義があるといえます。

ついこの前まで保護されてた側としては、
「『なんか危ないらしい』ということは聞いてたけど、こんなに危険なことだったのか、やってたらたいへんだ。」
ということに気づく、があります。

そして、今度は守る側の年齢になり、
「もし、このようなことを知るのが『思想的に固定されてくる中高生以降』(自分、そして知人の経験論)だったら、危ない人間になっていても不思議ではなかった。」
と悟り、子供を守れるようになれます。

僕は、後者も重視したいのです。
大人になったといってもその行動の根底には、10代前半までの経験が大きく関わってると思います。
なら、子供のとき十分な「知識と正しい倫理観」が与えられなかった子供はどのような大人になるのでしょうか?

そう考えると、
「現実と虚構の区別がつかない人間」
などが形成される過程で、決して小さくない要因に思えるのです。


つまり、言いたいことは
『青少年を守るためには、規制より先に教育』
ということなのです。

規制に関しては、
「エロい次元創作作品関連性が絶対にない」
とはいえないのですが、問題があります。

結局、このブログの過去の記事にもあったことですが、
ある程度の中毒性があり、それが原因で事件が起こると思われるものと考えると、
『アルコールとエロゲーは似てる』
と思われます。

『酒が酔っ払いの事件を防ぐため、飲酒・単純所持禁止』
になったとすると、考えるまでも無く、
「フラストレーションがたまり、爆発する」
「酒屋は全滅する」
ことになりますが、『エロゲーが原因の可能性がある性犯罪』よりも、確実に犯罪は減ります。

エロゲの場合は、『万が一の犯罪』がへっても、『フラストレーションによるリスク』が高くなるので、
『メリットに対してリスクがあまりに大きすぎます』

児童・青少年の保護という重大な目的を達するためには、
「『できるだけリスクが少なく、効果が大きいもの』から手をつけてく必要がある」
はずなのですから、
僕は規制には反対です。


余談ですが、この国では
「自分が気にくわない趣味(ヲタ)は、たとえこちらに迷惑をかけなくても、存在するだけで腹立たしいから、消してしまえ。」
という、
「ただ、気に入らないというだけで、蔑み、それを奪い去る(窃盗ともいう)のは当然のこと」
理論が主流なのが怖いです。

「ヲタクが犯罪では無いのに色い目で見られ、それを奪い去るという犯罪は犯罪視されない・・・。」
この、非道すぎる思想が日本のフォーマルであり続けるとしたら危険なので、今回人一人がやれる範囲ででも、これを改善していきたいと思うのです。

長くなりましたが、読んで貰えると幸いです。

Posted by: マルヤマ | May 13, 2005 at 06:18 PM

「フラストレーションによるリスク」
は「フラストレーションのはけ口に、性犯罪を行うようになる。」
という意味では『断じて』なく、
「暴動が起こりやすくなる可能性がある」
ということです。

「創作物の規制をすると、性犯罪者が増えるから、それを趣味として楽しんできた人間は性犯罪予備軍」
などと『曲解』される前に追加説明させていただきます。

Posted by: マルヤマ | May 13, 2005 at 09:54 PM

Hey! I know this is kinda off topic nevertheless I'd figured I'd ask. Would you be interested in trading links or maybe guest authoring a blog article or vice-versa? My website discusses a lot of the same subjects as yours and I think we could greatly benefit from each other. If you might be interested feel free to send me an e-mail. I look forward to hearing from you! Fantastic blog by the way!

Posted by: blu electronic cigarettes | July 04, 2011 at 01:13 AM

I'm not sure exactly why but this web site is loading incredibly slow for me. Is anyone else having this problem or is it a issue on my end? I'll check back later on and see if the problem still exists.

Posted by: bed bath and beyond printable coupon | July 08, 2011 at 03:28 AM

Thank you for every other informative website. Where else may I get that kind of information written in such a perfect way? I have a mission that I am just now working on, and I've been on the glance out for such info.

Posted by: Polly | October 09, 2014 at 07:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/4102381

Listed below are links to weblogs that reference 個人情報を見ず知らずの人に教えちゃダメよ:

» ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」 [Read More]

Tracked on May 13, 2005 at 06:05 AM

« 「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例 | Main | 「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! »