« <男女共同参画>基本計画改定で「基本的な考え方」答申 | Main | 【唖然】誕生日、最終学歴…内閣府が人事資料で非公表に »

「発禁処分 『わいせつコミック』裁判・高裁編」

私が主任弁護人として、関与している松文館裁判の控訴審についての本が出版されましたので、ご紹介させて頂きます。

発禁処分 『わいせつコミック』裁判・高裁編」 長岡義幸 著 道出版

現在の性表現の自由と規制の問題点について非常にわかりやすく説明してある本です。

特に、巻頭のちばてつや先生の表現の自由の重要性を訴えるマンガ、ちばてつや先生のインタビューは必見です。

皆様、よろしくお願いいたします。

|

« <男女共同参画>基本計画改定で「基本的な考え方」答申 | Main | 【唖然】誕生日、最終学歴…内閣府が人事資料で非公表に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/5158562

Listed below are links to weblogs that reference 「発禁処分 『わいせつコミック』裁判・高裁編」:

» 焼石亭 『発禁処分』 [走れ小心者 in Disguise!]
 松文館裁判関連書籍第二弾、長岡善幸「発禁処分 『わいせつコミック』裁判(高裁篇)」(道出版)。  この裁判の弁護人、山口貴士氏も自らのブログで紹介してらっしゃってますが焼石亭は「俺救済企画」なので、独自のアマゾン・アソシエイトを行う。  表現規制問題になると、話者の作品に対する「好き嫌い」が介入して議論がグダグタになる事もままあります。  しかし好き嫌いで言えば、「嫌い」な類の作品であるところの「蜜室」をあえて弁護する熱弁を法廷でふるったマンガ家ちばてつや氏の気骨を皆さん少しは見習ってくれます... [Read More]

Tracked on August 09, 2005 at 09:16 PM

« <男女共同参画>基本計画改定で「基本的な考え方」答申 | Main | 【唖然】誕生日、最終学歴…内閣府が人事資料で非公表に »