« November 2005 | Main | January 2006 »

【役立ち情報】科学的な根拠がありそうな情報に騙されないために!

独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに「科学的根拠のある情報とは?」という非常にためになるページがあります。健康食品に限らず、一見、もっともらしい、科学的な根拠の有るらしい情報があふれる現代を生きる我々には、非常に有益な指針となるページです。

例えば、
イオンド大学は、薬王海源などの健康食品を販売しており、そのホームページ上において、売れる理由として、

1.米国ハワイ州と日本で活躍するイオンド大学の日本校
  海洋研究所が発売していること。産学協同製品です。
2.大学ブランド製品としての信頼性が高いこと。
3.高リピート率である。

の3つをあげていますが、薬王海源の基になっているサメの肝油についての根拠はこのとおり・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【あきれた】奥平事務所のサイト復活

復讐代行詐欺容疑で逮捕され、東京地方裁判所八王子支部から懲役1年6月 執行猶予4年の有罪判決の言い渡しを受けた、奥平明男被告(有限会社奥平事務所代表)の近況についてです。
奥平明男被告が運営し、逮捕後に削除されていた、かつての闇サイトが復活しており(般若のロゴも健在です。)、「悩み事相談室」、メールの題名が「相談」であることに鑑みれば、法廷における「探偵業は辞める」という供述に反して、探偵業を再開した可能性が高いと思われます。I-mode版のページを見るとなおさらその可能性は高いといわざるを得ません。

また、個人情報が違法に公開されまくっていた、「2ちゃんねる被害者の会」のURLも復活していますので、以前と同様に嫌がらせ活動に出る可能性があり、今後の状況について注視していくことが絶対に必要です。

追記:田部孝治被告(40)に対しては、2005年12月27日、懲役2年6月の実刑判決が言い渡されました。
    法律実務家としての量刑感覚を離れると、個人的には、奥平明男被告が執行猶予付き、田部孝治被告が実刑という結論には、何かしっくりこないものがあります。

| | Comments (29) | TrackBack (3)

刑法犯減少210万件

刑法犯減少210万件

今年一-十一月に全国の警察が認知した刑法犯は、昨年同期より二十六万件(11%)少ない計二百十万三千六百四十八件で、通年でも昨年の二百五十六万件を下回り、三年連続で減少する見込みであることが二十二日、警察庁がまとめた犯罪情勢で分かった。

 しかし十一月に広島市で、十二月に入り栃木県今市市や京都府宇治市で女児殺害事件が相次ぐなど社会を震撼(しんかん)させる重大事件が続発。警察庁は「(安全・安心を実感できる)体感治安はまだまだ厳しい情勢」としている。検挙率は28・9%で前年同期比2・5ポイント上昇し、昨年減少に転じた「凶悪犯」(殺人、強盗、放火、強姦=ごうかん)は、前年同期比12・2%減の約一万件となった。

 刑法犯のうち、凶悪犯に略取誘拐などを加えた「重要犯罪」は昨年、九年ぶりに減少に転じ、今年はすべての罪種で減り、前年同期比8・5%減の一万八千九百件。特に強盗は同18・1%減の五千五百件だった。

 知能犯全体では約九万件と同0・3%の微増。詐欺は前年同期より三千五百件(4・6%)増の約七万八千件で、四年連続で増える見込み。十月末までの振り込め詐欺は全体では同14・3%減の約一万七千件だった。

 「街頭・侵入犯罪」は総合対策が浸透し、路上での恐喝が前年同期比24・8%減の五千九百件、路上強盗、ひったくり、自動車盗なども軒並み同20%前後の大幅減。七年連続で増加してきた住宅への侵入強盗も同19%減の二千件だった。

 昨年急増した略取誘拐は同13・9%減の二百四十七件。殺人の犠牲になった小学生以下の子どもは同十人減の九十四人だった。
(東京新聞 2005年12月13日)
-------------------------------------------------------------------

 治安が回復しているようで何よりですが、特に喜ばしいのは殺人の犠牲になった小学生以下の子供の人数が減少していることでしょう。

 ところで、今年の12月19日に、自民党が「犯罪から子どもを守る』ための緊急提言」を発表しました。
 この中で、緊急課題として「性犯罪者再犯防止プログラム」を抑えて筆頭に「児童ポルノや暴力的なコミック、過激なゲームの蔓延」を規制することが対策として謳われており、「青少年健全育成推進基本法」なる文言も盛り込まれていることが強く懸念されるところです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の期日のご報告

2005年12月20日 午後1時30分から行われた公判のご報告です。

今回の期日においても、グロービートジャパン株式会社の代表取締役社長である北条晋一氏(本名 黒須伸一氏)に対する反対尋問が継続して行われましたが、北条晋一氏(本名 黒須伸一氏)は、一部の質問に対し、証言を拒絶しました

参考までに、正当な理由のない証言拒絶は、刑事訴訟法161条1項により、10万円以下の罰金または拘留に処せられる犯罪です

酔うぞの遠めがね
Seminar will never die...?


において、当日の様子が詳しく報告されていましたので、そちらを参照して頂ければと思います。

次回以降の公判のご案内です。
第6回公判:2006年1月27日(金)午後1:30から 東京地方裁判所425号法廷
第7回公判:変更になりました!
    (変更前)2006年2月22日(水)午後1:30から
  (変更後)2006年2月27日(月)午後1:30から
第8回公判:2006年3月22日(水)午後1:30から

追伸; 酔うぞの遠めがね に追加の記事が出ました。
    13Hz! 悪徳商法?マニアックス にも記事が出ました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

【イベント告知】異世代ミーティング「憲法改悪をはねかえそう!」

12月23日 異世代ミーティング「憲法改悪をはねかえそう!」に出演することになりました。

「平和憲法を守るためにたたかっている」という自覚はあまりありませんし、「左翼」であるという自覚も全くありませんが、私は憲法改正は不要であるという立場です

従来の護憲論とは少し色合いの違う、プラグマティックな観点からの護憲論を展開するつもりです。師走の忙しい時期ですが、是非ともご参加下さいますようお願い申し上げます。

▼日時:12月23日(金)15:00~18:00(忘年会は18:30~予定)
▼会場:下北沢らぷらす11F研修室(小田急線・京王井の頭線下北沢駅徒歩5分)(地図
▼発言:きくちゆみ(グローバルピース・キャンペーン)
     中原大弍(ピースボート)
     八尋麻子(「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」共同事務局長)
     山口貴士(弁護士 リンク総合法律事務所
     保坂展人(衆議院議員)
▼参加費:500円(会員300円)
▼問合せ:保坂展人事務所 TEL03-5477-7377

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »