« January 2006 | Main | March 2006 »

グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の公判の傍聴をお願いします

私が紀藤正樹弁護士らと一緒に弁護を担当している事件の傍聴のご案内です。インターネット上の表現の自由を巡る非常に重要な事件ですので、是非とも多くの方々に傍聴に来て頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(次回の予告)

 黒須英治氏がブブカの記事にクレームをつけたときのテープが証拠として採用されました。法廷で再生される予定です。

 被告人本人尋問の第一弾も行われる予定です。


(参考リンク-追加分)
平和神軍・グロービートジャパン裁判は、大荒れ 1月27日の第6回公判の追加レポートです。
社長 LAST GIGS


(拙ブログの関連過去ログ → お手数ですが、リンクを辿って下さい)
 グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の公判期日のご案内
 グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の期日のご報告
 グロービートジャパン株式会社(らあめん花月)の背後に蠢く影
 イオンド大学の学位商法
 グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の期日について

 日程のご案内↓ 場所はいずれも東京地方裁判所

第8回公判:2006年3月22日(水)午後1:30から  第426号法廷
第9回公判:2006年4月25日(火)午後1:30から  第426号法廷
第10回公判:2006年5月24日(水)午後1:30から 第426号法廷
第11回公判:2006年6月12日(月)午後1:30から 第426号法廷
第12回公判:2006年7月14日(金)午後1:30から 第426号法廷
第13回公判:2006年8月4日(金)午後1:30から  第522号法廷 ←第13回公判は法廷が違うので注意!


(注)グロービートジャパン株式会社の代表取締役社長である北条晋一氏(本名 黒須伸一氏)の証言によれば、黒須英治氏は、本年2月17日付で自ら保有する株式のうち21%を億単位の対価北条晋一氏(本名 黒須伸一氏)と靏見嘉弘氏に売却し、単なる最大株主になったようです。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

【読書】「カルト」を問い直す―信教の自由というリスク

「カルト」を問い直す―信教の自由というリスク 櫻井義秀

著者は、北海道大学の先生で、私も、JSCPR(日本脱カルト協会)や全国霊感商法対策弁護士連絡会の活動でお世話になっている人です。

筆者は、「カルト」問題について、人権を重視する社会においては、これを規制によりコントロールすることが困難であるという前提に立ちつつ、社会における「リスク」の問題として捉え、個々人の対応能力を高めることの重要性を強調していますが、これは、カルトだけではなく、表現規制、有害情報規制など、人権を重視する社会ならではこそ生じる問題を考える際にも役立つ視点です。

いわゆる「カルト」、「宗教被害」の問題について、「教義」の問題を離れて、社会全体に対するリスクの問題として、「読みやすさ」かつ「学問的な正確さ」を両立させている稀有な本だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【司法改革】司法支援センター理事に2弁護士、法務・検察出身ゼロ

司法支援センター理事に2弁護士、法務・検察出身ゼロ
 今年4月に設立され、10月に業務を開始する独立行政法人「日本司法支援センター」の骨格が17日、明らかになった。

 執行部の理事は、寺井一弘・元日本弁護士連合会事務総長ら弁護士2人、元裁判官1人、経済界出身者1人の計4人で構成。全国50の地裁所在地に置かれる地方事務所に加え、事件数の多い11か所に支部を設け、民事、刑事両面のきめ細かい法律サービスを目指す。

 同センターは、司法制度改革で裁判員制度と並ぶ目玉の一つとして位置づけられている。各種の法的トラブルの相談受け付けや、民事事件の弁護士費用立て替え(法律扶助)を行うほか、裁判所に代わり国選弁護制度の運営も担う。

 理事長には金平輝子・元東京都副知事の就任が内定しているが、法務省所管の独立行政法人となることに、「刑事弁護の独立性を侵す」との根強い抵抗感が弁護士会の一部にあり、理事の顔ぶれが注目されていた。

 今回の人事は、理事長を補佐してセンターの運営にあたる理事の半数を弁護士とする一方、法務・検察出身者をゼロとし、弁護士会の意見を反映しやすくした形だ。

 寺井氏のほかの理事は、軍司育雄・元日弁連副会長、岩瀬徹・元前橋家裁所長、西川元啓・新日本製鉄常任顧問。岩瀬氏は東京地裁の裁判長としてオウム真理教事件などを担当した経験があり、西川氏は政府の司法制度改革推進本部で、「司法アクセス検討会」の委員を務めた。

 一方、支部が置かれるのは、東京・八王子、千葉・松戸、埼玉・川越、神奈川の川崎、小田原、静岡の沼津、浜松、愛知・岡崎、兵庫の尼崎、姫路、福岡・北九州の計11か所。いずれも過去に刑事・民事事件の件数が多いところで、職員数名を配置し、地方事務所と同じレベルのサービスを確保する方針だ。このほか、法律扶助のサービスに特化した出張所を、東京と大阪に計6か所設置する。

(2006年2月17日14時39分 読売新聞)

一見、まともな人選に見えなくもないですが・・・。

(0)西川元啓氏は、弁護士費用の敗訴者負担の導入を推進していた人物です。司法アクセスを阻害し、「強者のための司法」を推進していた人物を、司法支援センターの理事にするとは「悪い冗談」以外の何者でもありません。

(1)そもそも、法務省の上級幹部は検察官で占められていますし、国相手の訴訟の国側代理人となるのも検察官です。その法務省所管の独立行政法人が国選刑事弁護を運営するという点の違和感は小手先の人選では拭い去れるものではありません。

(2)司法支援センターには、民主的な意思決定機関はありません。
   「理事長=法務大臣の任命  理事 =理事長の任命」であり、「法務大臣→理事長→理事」という縦の統制が存在します。ちなみに、地方事務所の所長は「理事長」が任命するようです。「法務大臣→理事長→地方事務所長」という縦系列は地方組織においても存在します。

(3)弁護活動を日常的に規制する「業務方法書」「法律事務取扱規程(懲戒規定を含む)」「契約約款」 の制定と変更については、すべて法務大臣が認可することになっています。

(4)評価委員会が法務省に設置されます。

要するに、私選弁護人を雇えない人については、「官許の弁護活動」しか受けられないという現実には何も代わりがないのです・・・。(嗚呼)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

統一協会関連団体リスト!【オタクの敵】

統一協会(統一教会)関連団体リスト

(特に重要!)
WFWP Women’s Federation for World Peace
世界平和女性連合 ←統一協会の関連団体であることを隠して、一見、普通の女性団体であるかのようにして、主婦層や地方自治体に接近している。青少年健全育成運動にも深く関与している。

日本青少年純潔運動本部

CARP(=Campus Association of Research for Principles) いわゆる原理研究会

IIFWP Interreligious and International Federation for World Peace
世界平和超宗教超国家連合
WANGO World Association of NGOs
世界NGO連合
FFWPU Family Federation for World Peace and Unification
世界平和統一家庭連合
WTF The Washington Times Foundation
ワシントンタイムズ財団
ICUS International Conference on the Unity of the Sciences
科学の統一に関する国際会議
WUF World University Federation
世界大学連合
IRFWP Inter-Religious Federation for World Peace
世界平和宗教連合
WMA World Media Association
世界言論人協会
WMC World Media Conference
世界言論人会議
W―CARP World Collegiate Association for the Research of the Principle
世界大学原理研究会
YFWP Youth Federation for World Peace
世界平和青年連合
FWP Federation for World Peace
世界平和連合
PWPA Professors World Peace Academy
世界平和教授アカデミー
MAFWP Marital Arts Federation for World Peace
世界平和武道連合
MPFWP Mongolian Peoples’ Federation for World Peace
蒙古斑同族世界平和連合
IIPC Interreligious and International Peace Council
超宗教超国家平和協議会(平和UN)
IEF International Educational Foundation
国際教育財団
APTF The Association for the Promotion of True Families
真の家庭運動推進協議会
POP Project for One Peace
世界平和青年学生奉仕団
IRFF International Relief Friendship Foundation
国際救援友好財団
IFVOC International Federation for Victory Over Communism
国際勝共連合
NCU-NEWS National Coalition for the Unification of North East West South
東西南北統一運動国民連合
WCSF World Culture and Sports Festival
世界文化体育大典
FPU Federation for Peace and Unification
平和統一連合
UPF Universal Peace Federation
天宙平和連合
IPSF 超宗教平和スポーツフェスティバル
ACLC 米国聖職者指導者会議
NPO地球の緑を守る会
NPOサービスフォーピース
NPOライフフォーラムジャパン

| | Comments (6) | TrackBack (0)

イスラムの預言者風刺漫画とホロコースト風刺漫画

ホロコースト風刺画コンテスト開催=「表現の自由」に当て付け-イラン紙

 【カイロ7日時事】イラン紙ハムシャハリは7日、「表現の自由の限界を試す」ため、ホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺)を題材にした風刺漫画のコンテストを行うと発表した。ロイター通信が伝えた。
 イスラム教の預言者ムハンマドの風刺漫画が欧州紙に掲載された問題で、各紙が表現の自由を理由に掲載を正当化していることへの当て付けだ。優秀な12作品の作者にはそれぞれ約1万7000円の賞金を出すという。 
(時事通信) - 2月8日1時1分更新

 いささかネタとしては、古いのですが、表現の自由の本質をついている事件なので取り上げました。

 私はホロコースト否定論者ではありませんし、ホロコースト否定論を初めとする歴史修正主義については批判的な立場です。しかしながら、今回、「ホロコースト否定論」を初めとする「ヘイトスピーチ」を法により禁圧化してきた西欧諸国がイラン紙ハムシャハリに「一本取られた」ことはいささか痛快に感じています。
 イスラムの預言者を風刺することを「表現の自由」の名において認める以上、ホロコーストについて否定する議論についても「表現の自由」を認めることは当然のことだと思いますし、これを否定することはダブルスタンダードのそしりを免れないでしょう。
 西欧諸国にとって、表現の自由の対立利益は、「集団の人権」ではありえず、「個人の人権」でしかありえないという表現の自由に関する原点に立ち戻って考えれば、直すよい機会だと思いますし、わが国に「ヘイト・スピーチ」規制を持ち込もうとしている人たちも、表現の自由の意味を今一度考え直して頂きたいと思うのです。

 西欧の新聞社各社は、イラン紙ハムシャハリに掲載されるであろう「ホロコーストの風刺漫画」を掲載し、報道することが出来るか。表現の自由の真価が試されるときです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【オタクの敵】統一協会関連企業リスト!

統一協会(統一教会)関連企業リスト
(情報源:全国霊感商法対策弁護士連絡会

1. (1)霊感商法商品 輸入元
   (株)ハッピーワールド

(2)霊感商法商品 卸し元
アークカンパニー(株) (旧 世界のしあわせ北海道)
(株)興宇物産→(株)ムーンファイブ (旧 世界のしあわせ東北)
(株)ユニバーサル東京 (旧 世界のしあわせ)
(株)丸興<閉鎖済> (旧 世界のしあわせ関東)
(株)一成 (旧 世界のしあわせ名古屋)
(株)生立商事 (旧 世界のしあわせ大阪)
(株)パシフィック産業→(株)日本シュービ (旧 世界のしあわせ広島)
(株)東亜商事<閉鎖済> (旧 世界のしあわせ福岡)


(3)霊感商法商品 販売会社
北海道 (株)北翔クレイン(札幌)
栃木県 (有)ウィング(宇都宮)
群馬県 (株)鶴美(高崎),(有)優美堂(高崎)
千葉県 (株)千葉トータルプランネット(別称アスカ 船橋)
東京都 (株)アイジェイ(池袋),(株)クリスティーナ・ハン(目黒),(株)ケイヨーネクスト(品川),サンライフ・カワチ商事(町田),(有)サンライフコーポレーション(町田),(有)東京グリーン未来(杉並),(株)宝椿(世田谷)
神奈川県 (有)サラン川崎(川崎),(株)人参座(横須賀),(有)横浜ベイ・ワールド(藤沢)
長野県 (有)愛信堂(長野)
愛知県 (株)一成マナライフ(名古屋)
大阪府 (有)オムニワン(大阪),(有)共栄(別称真祥堂 大阪),(有)ファミリーネットワーク(貝塚)
広島県 (株)廣鶴堂(広島)
鳥取県 (有)サンマル(鳥取)
福岡県 (株)大興(福岡)
鹿児島県 翔美(有)(鹿児島)

2. その他
(1) 訪問販売による募金活動
野の花会
SHINZEN(しんぜん会)

(2) 絵画関連
美術世界(株)
コリアンアートフェアー実行委員会
コリアン平和美術展

(3) 医療法人社団 日心会
総合病院 一心病院
一美歯科
おおつか訪問看護ステーション

(4) 配置薬/化粧品
群馬県 (有)上毛薬品(前橋)
埼玉県 (有)埼京薬品(さいたま)
東京都 (株)愛心堂(小平),(有)東都薬品(台東),日本配置薬(株)(品川)

神奈川県 (株)神命堂,友情薬品(株)(横浜)
石川県 (株)北陸薬品(金沢)
静岡県 (株)静和薬品(静岡)
愛知県 (株)東海薬品(名古屋)
大阪府 (株)関西薬品(吹田)
福岡県 (株)キューハイ(北九州)

(5)
2008.9.26 New! 株式会社グローバルビューティー 代表取締役 玉置祥子

| | Comments (1169) | TrackBack (0)

【懐疑論者】超常現象と騒ぐ前に冷静に考えよう!

超常現象の謎解き

目撃者心理、心霊写真、UFO、占いや予言などなどおなじみのテーマについて、懐疑的な視点から超常現象の謎解きを紹介しています。このようなサイトは他にも沢山ありますが、分かりやすさという点からお勧めです


“The wise learn from history, the stupid learn from experience,”
「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」という諺があります・・・。
 経験を軽視し、書物から得た知識を重視せよと叫ぶつもりはありません。
 しかしながら、長年の批判・議論による淘汰を経て生き残ったものはより物事の本質を表していることが多いのに対し、自己の経験だけでは物事の本質を見抜けないことも多いものです。自分が信じていたことでも実は後から誤りであることが判明することも珍しくはありませんし、宗教被害や悪質な霊能者や占い師の被害に遭った方の多くも同じような感想をもたれています。

転ばぬ先の杖としてお勧めのサイトです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【雑感】宮崎勤事件の死刑確定

一言で言えば、「始まりの終わり」ということになるのでしょうか?

僕自身としては、今回の死刑判決の確定をサブカルチャーにとって「終わりの始まり」にしないことが大きな課題だと考えています。

犠牲者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »