« 【福島県知事選】森雅子弁護士を応援します。 | Main | 【詐欺的商法】虚偽説明で投資勧誘 近未来通信900人から200億円【近未来通信(近未來通信)】 »

【また性懲りもなく】ネット普及で深刻な児童ポルノ【創作物規制】

ネット普及で深刻な児童ポルノ
対策進むが、状況はますます悪化

26日、ユニセフハウスで開かれた児童ポルノ問題のシンポジウムでは、深刻化する現状が報告された(撮影:佐谷恭)
【ライブドア・ニュース 10月26日】- サイバースペースでの児童ポルノ問題などを話し合うシンポジウム「守ろう子どもの権利 STOP! 子どもポルノ」(日本ユニセフ協会主催)が26日、東京都港区のユニセフハウスで開かれ、警察やインターネット関連企業担当者から児童ポルノの現状や今後の課題が発表された。

 冒頭で、ストップ子ども買春の会(ECPAT)共同代表の宮本潤子さんが「児童ポルノは以前から存在したが、ネットの普及で明らかに激増しているという報告がある」と現状を説明。「日本は、児童ポルノ発信や東南アジアでの児童買春で非難されている一方、インターネット関連業界が“由々しき事態”に対応を始めていることが世界から評価されているのも事実」と今後の展開に期待を示した。

 法規制や取り締まりについては、警察庁生活安全局少年課の伊藤正明課長補佐が「法改正などで規制が強まったことで検挙件数は上がっている」としながらも、絶え間なく現れては消える“有害サイト”をすべて見つけるのは不可能だと述べた。また、「児童ポルノを提供目的なしで所持することや、アニメ・漫画など実在しない児童を描写したものは、児童を性の対象として助長する可能性があっても法律上対処できない」と、現状での規制の不備を指摘した。

 さらに、インターネット上の違法情報や有害情報の通報制度を運営しているインターネット協会の吉川誠司さんは「秒単位で児童ポルノ画像を連続投稿してくるなど、対応が追いつかない事例が増えている。また、携帯サイトはインターネットに比べて対策が進んでおらず、えげつないものが多い」と、山積する課題を述べた。

 関連団体の努力で、一定の成果も評価も上がってはいるものの、状況はますます深刻になっているのが現状だ。ヤフーの別所直哉法務部長は「安心して使えるものでなければ、メディアとしての価値が下がる」と危機感を表明し、来春から会員向けに、有害サイトのフィルタリングサービスを無料で提供すると発表した。【了】

2006年10月26日18時40分 ライブドア・ニュース
---------------------------------------------------------

また、マンガやアニメは「児童を性の対象として助長する可能性」論が出ていますな。
どうも、ある種の人達は定期的に悪い発作を起こしているかのように、論破された議論を性懲りもなく蒸し返す傾向があって困ったものですな。

特に、
>「児童を性の対象として助長する可能性があっても法律上対処できない」という問題意識には、大いに異議を唱えさせて頂きます。
  「犯罪を助長する」というのは、表現を規制する根拠になるのでしょうかね?
  犯罪を行なうことと、犯罪について表現することとの間には、非常に大きな差があります。  
  この理屈で言えば、例えば、殺人をテーマとしたサスペンスやスリラー、ミステリーものなども「殺人行為を助長する」という規制することが可能ということになりかねませんが、ファンタジーとして、あるいは、空想として犯罪を楽しむことを犯罪としてよいのでしょうか?

という訳で、拙ブログの過去記事を紹介することにより、何度目かの論破をばさせて頂きまする。
毎回同じ論理を展開するので、毎回、同じ記事で反論が出来る。楽と言えば楽ですが、うんざりと言えばいい加減にうんざりです。
2007年に予想される児童ポルノ法改定に向けた布石のつもりでしょうから、各自、情報収集と共有に務めることが必要でしょう。表現の自由を守るのは、一人ひとりの地道な努力以外にはないのです。

<参考記事-他サイト> New! 理事が自賛するのもなんですが、AMIのHPは児童ポルノ規制問題について非常によく纏まっています。
漫画はCSEC(子どもの性的商業的搾取)ではない
2002アジアMANGAサミット分科会
2003.03.24の児童買春等禁止法改正に関するユニセフ公開セミナー参加報告

<過去の関連記事-拙ブログ>
☆☆☆=特に読んで貰いたいなという記事です。New!

【続】【日本テレビ4月10日ニュース】バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会☆☆☆ 論より統計!

刑法犯減少210万件
松沢知事はエコノミストの記事を読んだのでしょうか? ☆☆☆
神奈川県知事松沢成文氏「ゲームソフト 有害図書指定の輪を全国に」批判 ☆☆☆
<男女共同参画>基本計画改定で「基本的な考え方」答申
カスパルがうさんくさい要望書をエロゲー関係各社に送ったようです
子ども守る条例の要旨公開 奈良県警、ホームページで
「日本版ラスベガス」も ゲームや格闘技の議連発足へ
「暴力」ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ
「アダルトソフト」ではなく「リテラシー」を議論しよう! ☆☆☆
個人情報を見ず知らずの人に教えちゃダメよ ☆☆☆
「青少年健全育成」が政治的に利用された隣国の例
一連の美少女アニメ・ゲームバッシングについて
美少女アダルト」アニメ規制を…超党派議員が初会合
青少年が知能犯となる原因は?
ネット有害情報を阻止 都が青少年条例改正へ  ☆☆☆
テレビ朝日さん、もう少し勉強しませんか?
大谷昭宏さん、いくら大きくてもファールでは得点にはなりませんぜ

カスパル代表 近藤美津枝氏の発言から表現の自由を考える② ←児童ポルノ法とマンガ/アニメ規制についてまとまっています。
☆☆☆
カスパル代表 近藤美津枝氏の発言から表現の自由を考える①

|

« 【福島県知事選】森雅子弁護士を応援します。 | Main | 【詐欺的商法】虚偽説明で投資勧誘 近未来通信900人から200億円【近未来通信(近未來通信)】 »

Comments

今晩は
ブログを拝見致しましたが、規制推進派の考えには、
本当に呆れて物が言えませんね。
架空と現実を区別しない考えで、マンガ アニメの
性表現を、実在する児童を描いた児童ポルノ扱いに
するなんて、本当に変ですよ。
性表現を描いた絵に登場する人物は、現実には実在
しない架空の児童なので、架空の表現でしか被害を
受けていない以上、実在する児童に直接被害が及ぶ
ような根拠は無い事は明白です。
山口氏の言う、言い分は正しいです。
規制推進派は、自分に気に入らない物を排除して、
規制推進派の都合の良い理想の世界を作ろうとして
いる事は、確かだと思います。

Posted by: jirokiti | November 03, 2006 at 06:57 PM

ポリスジャパンで、このような記事が流されて
いましたが、本当に呆れてしまいますね。
規制推進派の手先かも知れませんので、注意が
必要と思われます。

http://www.policejapan.com/contents/syakai/20061101/index.html
コミケ山口貴士弁護士、児童ポルノ問題ついにユニセフにまで飛び火

Posted by: jirokiti | November 03, 2006 at 09:58 PM

ゾーニングの規制と発禁の区別が付いてませんね<ポリスジャパン

Posted by: ters | November 04, 2006 at 02:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/12442309

Listed below are links to weblogs that reference 【また性懲りもなく】ネット普及で深刻な児童ポルノ【創作物規制】:

« 【福島県知事選】森雅子弁護士を応援します。 | Main | 【詐欺的商法】虚偽説明で投資勧誘 近未来通信900人から200億円【近未来通信(近未來通信)】 »