« February 2007 | Main | April 2007 »

【イベント告知】「同人誌と表現を考えるシンポジウム」

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」

主催:「同人誌と表現を考える会」
後援:全国同人誌即売会連絡会、COMIC1準備会、日本同人誌印刷業組合

【開催に当たって】

 昨年4月警察庁生活安全局の諮問機関として「バーチャル社会のもたらす弊害からこどもを守る研究会」が作られ、携帯電話のフィルタリング、ゲーム・まんがの「有害性」について、様々な議論が行われました。そして、昨年12月に公表された、本研究会の最終報告書においては、様々なメディアと共に同人誌及び同人誌即売会が取り上げられるということになりました。このような公的機関の報告書に「同人誌」が取り上げられるのは、極めて異例のことです。

 こうした状況の背景には、近年、書店販売やネット通販の普及により、これまで即売会会場まで足を運ばなければ目に触れることのなかった同人誌が一般社会に浸透しつつある事が挙げられます。それにより、これまで「同人誌」ということで許容されてきた表現が外部の目に触れることで、様々なトラブルを生じかねない事態も懸念されるようになっています。

 このような状況にどのように対応していくべきなのか、もう一度同人誌の現状を見直し、表現の有り方を問い直すとともに、同人誌での自由な表現を守っていくためには、どのような理論と実践を進めていくべきなのかを議論する場として、標記のシンポジウムを開催することといたしました。

 このシンポジウムでは、同人誌即売会関係者にとどまらず、マンガに関する有識者や、専門書店・印刷所などの業界関係者にも集まっていただき、幅広い形での議論をしていきたいと考えております。
 事前予約不要・入場無料ですので、サークル、一般参加者、即売会運営スタッフの皆さんはもちろんのこと、表現規制の状況に関心のある方の来場もお待ちしております。皆さんお誘い合わせの上ご来場ください。

○日時:5月19日(土)13:30~開場 ~16:30終演予定
○場所:みらい座いけぶくろ(豊島公会堂) 東京都豊島区東池袋1-19-1
 http://www.toshima-mirai.jp/center/a_koukai/

○申込:事前予約不要(直接会場へおいでください)
○料金:入場無料


○パネラー(順不同・敬称略)
 ・伊藤剛 (マンガ評論家/武蔵野美術大学芸術文化学科講師)
 ・斎藤環 (精神科医)
 ・永山薫 (マンガ評論家)
 ・藤本由香里 (編集者/評論家)
 ・三崎尚人 (ライター/同人誌生活文化総合研究所主宰)
 ・望月克也 (弁護士…松文館裁判弁護人)

 ・武川優 (日本同人誌印刷業組合)
 ・鮎澤慎二郎 ((株)虎の穴)
 ・川島国喜 ((株)メロンブックス)

 ・市川孝一 (コミックマーケット準備会/COMIC1準備会)
 ・坂田文彦 (ガタケット事務局)
 ・武田圭史 (赤ブーブー通信社)
 ・中村公彦 (コミティア実行委員会)


○本件に関するお問い合わせ
 〒950-0923 新潟県新潟市姥ヶ山2-10-11 ガタケット事務局内
 「同人誌と表現を考えるシンポジウム」係 (TEL 025-286-3801)

---------------------------------

僕自身は、出張があり、出席できないのですが、関心のある方は是非、ご参加下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

【松本零士vs槇原敬之】松本Vs槇原が全面対決!「盗作訴訟」第1回口頭弁論

松本Vs槇原が全面対決!「盗作訴訟」第1回口頭弁論

3月29日8時2分配信 サンケイスポーツ

 シンガー・ソングライター、槇原敬之(37)に漫画家、松本零士氏(69)が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で歌詞に使用された」と抗議している問題で、槇原が松本氏に盗作の根拠となる証拠提出などを求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が28日、東京地裁で開かれた。

 槇原側は「盗作の証拠がないのに、(雑誌のインタビューなどで)盗作だと決めつけて大々的に宣伝したことは名誉棄損にあたる」と主張。盗作でないと認められた場合、2200万円の損害賠償を請求している。これに対し松本氏側は「和解するつもりはありません」と全面的に争う姿勢を見せた。

 弁論終了後、槇原の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「提訴前に松本さんから和解話が2度ほどあった。証拠さえ出してもらえれば、はっきり答えが出ると思う」。松本氏は「ぼくが先に(セリフを)書いたことは間違いない。これは全作家のプライドにかかわる問題」と双方、自信を示した。

 次回の口頭弁論は5月14日に行われる予定。
--------------------------------------------

傍聴に行きたかったのですが、行けませんでした。

槇原敬之氏側の損害賠償請求の根拠が名誉毀損であることが明らかになりました。

松本零士氏が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で歌詞に使用された」などと公表したことは、槇原敬之氏の社会的な評価を低下させるものであり、名誉毀損に該当すると思います。

そうすると、被告である松本零士氏側としては、名誉毀損についての免責事由を立証しないと敗訴することになります。

この場合、以下の3点について、松本零士氏側が立証しないと敗訴することになります。
1)「公共の利害に関する事実」であること=「公共性」
2)「公益を図る目的」の存在=「公益性」
3)表現行為が真実であること=「真実性」
    or
  真実ではないが、相当の根拠をもって真実であると信じたこと=「相当性」

1)「公共性」については、槇原敬之氏という著名な歌手の盗作疑惑がテーマとなっていますから、この要件については認められるでしょう。

2)「公益性」の要件についても、認められる可能性は高いと思います。
  ただし、3)の「真実性」あるいは「相当性」の要件が認められなかった場合、「公益性」の要件が否定される可能性もあります。というのは、どうやら、裁判所には「公益目的をもって表現をする者は、慎重に下調べをする筈」という経験則が存在するようで、「真実性」は勿論、「相当性」すら認められなかった場合においても、表現の根拠となった資料の程度を検討し、余りにも根拠が薄い場合などには、「公益性」すら否定されてしまう場合が見られます。

3)問題は「真実性」と「相当性」です。
  まず、本件においては、どの範囲で松本零士氏側が「真実性」、「相当性」を立証しなくてはならないか、そのものが争われると思います。
  松本零士氏が、単に、「『銀河鉄道999』のセリフを無断で歌詞に使用された」と表明しただけであれば、「真実性」、「相当性」の立証範囲は、「『銀河鉄道999』の台詞を無断で使用したかどうか」が「真実性」、「相当性」の立証対象になったかも知れませんが、松本零士氏側は、「現段階では、著作権侵害をめぐる訴訟やCM曲使用差し止めなどを求めるつもりはなく、詞の「出典」を明示することなどを求めている。」(日刊スポーツ 2006年10月19日)とまで言っているようで、こうなると、「真実性」、「相当性」の立証の対象は著作権侵害の有無ということになるのではないかと思います。
  そうすると、仮に、松本零士氏が「ぼくが先に(セリフを)書いたことは間違いない。これは全作家のプライドにかかわる問題」と言うとおりだったとしても、これだけでは、著作権侵害を裏付ける根拠にはなりませんから、訴訟においては、敗訴する可能性が高いといわざるを得ません。
  何故ならば、松本零士氏の主張はあくまでも②依拠性の要件に関するものであり、①類似性の判断について、影響するものではないからです。
  ただ、「真実性」が認められなかったとしても、「相当性」の要件が認められる可能性はあります(要するに、「著作権侵害と信じたのも無理はない」という判断)。

なお、①類似性 ②依拠性の関係については、下記の過去ログを参照のこと
↓  ↓  ↓  ↓
【松本零士vs槇原敬之】槙原「証拠出せ」松本零士氏訴える

| | Comments (5) | TrackBack (0)

【松本零士vs槇原敬之】槙原「証拠出せ」松本零士氏訴える

槙原「証拠出せ」松本零士氏訴える

3月23日9時56分配信 日刊スポーツ

シンガー・ソングライター槙原敬之(37)が「『銀河鉄道999』のセリフを無断で使用された」と槙原を非難した漫画家松本零士氏(69)に対し、盗作の証拠提出を求める訴えを東京地裁に起こしていることが22日、分かった。証拠がない場合、2200万円の損害賠償も求めており、第1回口頭弁論が今月末に予定されている。
 槙原と松本氏の盗作問題が、法廷闘争に持ち込まれた。槙原はこのほど、松本氏に盗作した証拠の提出を求める「著作権侵害不存在確認等請求」の訴えを東京地裁に提出した。証拠が示されなかった場合、仕事上のダメージを受けたとして、2200万円の損害賠償を求めるとしている。来週、第1回口頭弁論が予定されている。槙原の所属事務所は「代理人に任せているのでコメントできない」と話している。
 盗作騒動が起こったのは昨年秋。松本氏が、槙原作詞・作曲の曲「約束の場所」(歌はケミストリー)の歌詞の一部が「『銀河鉄道999』のセリフの無断使用」として、槙原に謝罪を求めたことから始まった。問題の歌詞は「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」。松本氏は「銀河鉄道-」の「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」のセリフを盗作したとマスコミに対して主張した。「ここ10年、私の講演テーマとして何度も若者に語りかけた言葉」として、槙原がセリフを知らないはずがないとした。
 これに対し、槙原は盗作を完全否定した。自分の公式ホームページで「『銀河鉄道-』を個人的な好みから1度も読んだことがない。盗作の汚名を着せられた」と訴えた。騒動でCM放送休止のダメージも受け、逆に松本氏に「謝ってほしい」とした。
 当初、双方とも法廷闘争に持ち込む意思は示さず、収束したとみられていた。しかし、槙原側はシンガーソングライターにとって最も屈辱的な「盗作者」とされたまま、活動を続けるのに納得できなかったようだ。昨秋から平行線だった両者の言い分は、司法の判断に委ねられた。
-------------------------------------------

まあ、安易に人のことを盗作者呼ばわりすると訴えられるということですかね。
損害賠償を2200万円と構成した根拠は不明ですが、名誉毀損か業務妨害というところでしょうか。
ところで、日刊スポーツの記事は、何故、「槙原敬之」は呼び捨てで、「松本零士」には、「氏」をつけるのでしょうか?記者には、松本零士氏が被害者であるという立場があるのかな、と思ってしまう扱いの差でした。ひょっとすると、僕の知らないメディアの慣行があるのかも知れませんが。

それは、さておき、

【松本零士vs槇原敬之】槇原敬之に「999」盗作騒動

にも書きましたが、結論から言うと、「盗作」(著作権侵害の意味で使っています)にはあたらないと思います。
松本零士氏側の分が悪いでしょう。

槙原敬之氏側も、松本零士氏側は、「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズを知っていたか、知らなかったかという点について、非常にこだわりをお持ちのようです。ご両名がクリエイターであることを考えれば、当然といえば、当然なのですが、裁判という場において主要な論点となるのは、

①類似性
②依拠性
の2点のうち、①類似性の部分です。①類似性の要件が満たされない以上、②依拠性について論じる意味は、少なくとも著作権侵害の有無を検討する上では、ありません。

ちなみに、②の依拠性というのは、表現そのものに対する依拠であって、アイデアに対する依拠ではありません。
槙原敬之氏にとっては不本意かもしれませんが、「松本零士の作品からアイデアのインスピレーションを得たが、表現としては別物であるから、著作権侵害は存在しない」という判断が下されて勝訴することも理論的にはありえるのです。


(参考過去ログ)
著作権侵害の判断に関する私の見解が述べられています。

【平成の表現狩り】検証サイト問題
【続】【平成の表現狩り】検証サイト問題
【続々】【平成の表現狩り】検証サイト問題

| | Comments (3) | TrackBack (2)

【ライブドア】「ライブドア」宮内被告に懲役1年8月の実刑判決【ホリエモンの片腕】

「ライブドア」宮内被告に懲役1年8月の実刑判決

 ライブドア事件で、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)の罪に問われたライブドア元取締役・宮内亮治被告(39)ら元幹部4人の判決が22日、東京地裁であった。小坂敏幸裁判長は宮内被告に対し、「粉飾決算などの各犯行は宮内被告を中心に実行されたといっても過言ではない。刑事責任は堀江(貴文)被告に準ずる」と述べ、懲役1年8月(求刑・懲役2年6月)の実刑を言い渡した。

 また、同社の元幹部・中村長也(39)、元取締役・岡本文人(39)両被告を懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)とし、有価証券報告書の虚偽記載(粉飾決算)だけに問われた元代表取締役・熊谷史人被告(29)については懲役1年、執行猶予3年(求刑・同)とした。宮内被告側は控訴した。

 判決は、宮内被告について、「ライブドアの最高財務責任者として、企業買収などに第一次的な責任があった」と指摘。捜査への協力や反省の情など有利な情状を考慮しても、実刑は免れないとした。

 宮内被告らは、1審で懲役2年6月の実刑判決を受けた前社長・堀江貴文被告(34)(控訴中)と共謀し、ライブドアの約53億円の粉飾決算や企業買収を巡る虚偽情報を公表したなどとして起訴された。

(2007年3月22日11時54分 読売新聞)
-------------------------------------------

宮内亮治に対する実刑判決はやや意外でした。

ホリエモンこと堀江貴文に対する判決が、「犯行の大部分は宮内被告が中心となって計画、実行したもので、堀江被告が最高責任者として主導したとまでは言えない」として、宮内亮治を中心人物として名指ししている以上、実刑判決の可能性もあるかとは思いましたが、検察官の求刑も2年6月と「執行猶予でも構わないよ」という雰囲気が漂うものでしたし、宮内被告自身も、事実関係を認めて反省している以上は、ぎりぎり執行猶予がつくのではないか、と考えていたのです。

やはり、個人投資家に多くの被害者を出してしまったことが重く評価されているのでしょうか?
宮内亮治は、刑事事件では事実関係を認めて謝罪しつつも、民事事件では、全面的に争ってきておりますので、その反省が真実のものではなく、あくまでも、刑事裁判における情状酌量を目的とした表面的なものとして受け止められたのかも知れません。

裁判所が証券取引法違反行為について、財産犯(窃盗、横領、詐欺など)として捉えた可能性もあります。財産犯の場合、実務上、情状として最重要視されるのは被害の回復です。被害額が多額の場合には、被害弁償をきちんとしないと、初犯とか、反省しているとか、その辺の情状事情も考慮しつつも、「実刑」という判断が下されることが多いのです。
財産犯について被害弁償を重視する裁判所の運用は、刑事政策的に言えば、被害回復を促すという意味で合理性がある判断なのでしょう。

もう一つ、宮内亮治に対する実刑判決は特捜検察の捜査手法に対する痛烈な批判であるという見方もあります。
わが国には、アメリカのような「司法取引」という制度は存在しませんが、検察官は、自らの有する「訴追裁量権」(誰を起訴するかしないかを決める権利)をうまく使って、捜査に協力した関係者について不起訴処分としたり、あるいは、「論告/求刑」(検察官の述べる意見。法的な拘束力はないが、裁判所は事実上重視する)に手心を加えることによって、執行猶予判決や減刑された判決を求めるという事実上の取引を行っている可能性があるという指摘がなされています。

今回のライブドア事件について言えば、宮内亮治らが株式売却益を流用し、フェラーリなどの購入資金に充てているという事実が存在し、本来であれば、業務上横領罪(10年以下の懲役 5年以下の懲役である証券取引法違反よりも遙かに重罪)について捜査、立件されてもおかしくないにもかかわらず、立件されていないという事情が存在します。だからといって、証券取引法違反についてホリエモンが断罪されてはいけないという理由には勿論、なりませんが、起訴権限を独占する検察官の対応としてしっくりこないものはあります。「業務上横領を見逃す代わりに検察側に協力的な証言をする」という取引が内々に存在したのではないかと疑いたくなる状況です。

裁判所が宮内亮治被告に実刑判決を出したことは、検察官の捜査手法への警鐘なのかも知れません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

【ホリエモン】ライブドア判決 堀江被告に実刑 懲役2年6月 東京地裁【堀江貴文】

ライブドア判決 堀江被告に実刑 懲役2年6月 東京地裁

最終更新:3月16日17時10分 毎日新聞
-----------------------------------------------

 予め言っておきますが、僕はライブドア株主被害弁護団のメンバーで、ホリエモンこと堀江貴文の責任を追及する立場にありますが、以前の記事も書いた気持ちには今も変わらないものがあります。
↓  ↓  ↓  ↓
ライブドア強制捜査/ホリエモン逮捕

>個人的にはホリエモンのような野心家は嫌いではありませんし、同世代の人間として、伝統や権威に対して
>果敢に挑戦する姿勢に対しては共感すら覚えており、今回の事件によってもその評価は変わるものではあり
>ません。
>しかしながら、今回のライブドアへの強制捜査、堀江貴文氏の逮捕による個人投資家への影響は見逃せま
>せん。ライブドアの株主の多くは個人投資家でした。ライブドア株を担保にして信用取引をしていた個人投資
>家の多くは、担保額が下落した分をキャッシュか他の株かで補わないといけません。相当数の個人投資家
>が自己破産を余儀なくされることが予想されます。健全な証券取引の基本である「正確で公平・公正な情報
>開示」を無視し、多くの個人投資家に大打撃を与えたホリエモンの責任は決して軽くはありません。

 今回の判決は、実刑判決ですが、これはある意味当然の結論です。実刑判決を意外とする声も多いようですが、法律実務家の感覚からすれば当然の結論です。

 執行猶予判決を裁判官が書く場合、被告人の刑事責任を厳しく指弾した後に、「しかしながら、・・・」と被告人にとって有利な事情(「汲むべき情状」)を指摘した上で、「今回に限り、刑の執行を猶予することにした」と判決文を結ぶのが一般的です。

 本件は偶発的な犯行ではなく、計画的な犯行による犯罪です。しかも、非常に多数の被害者が存在します。本件のような事案において、汲むべき情状として、裁判所が重要視するのは、やはり、①に反省、②に被害弁償でしょう。

 しかしながら、ホリエモンは一貫して自己の責任と向き合うことを避けてきました。反省もしていませんし、被害弁償もしていません。
 これでは、裁判所も執行猶予付きの判決を書くことは難しいでしょう。執行猶予というのは、刑務所の中ではなく、社会の中において更生する機会を与えるということです。被害者が存在しない犯罪であればともかく、計画的な犯罪により、これだけ多くの被害者、それも人生設計を根本的に狂わされてしまった被害者を大勢発生させてしまっている事案であるにもかかわらず、事実関係を全面的に否認し、全く悪くないと開き直っている人間について、社会の中で更生することを期待することは難しいと考えるのが自然です。

 また、被害者感情も無視しがたいものがあるでしょう。虚偽の情報に踊らされ、人生設計を狂わされた一般投資家が生活苦にあえぐのを尻目に、張本人が、一生遊んで暮らせる金を懐にしたまま(※)、刑務所に行かなくてもいいという理不尽さを裁判所が許すわけには行かないでしょう。

(※)民事訴訟でごっそりと頂いてしまう予定ですが、当面、優雅な生活は出来る訳です。

 ホリエモンは、即日控訴したようですが、ホリエモンに不利な供述をする動機が何もない熊谷証言が存在する以上、控訴審において、事実誤認を理由として第一審判決を破棄させることは難しいでしょう。ホリエモンが刑務所暮らしを避けたいのであれば、①反省、②被害弁償は避けることが出来ないのではないでしょうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

【宣伝】カルト宗教 性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか【著書】

カルト宗教性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか

紀藤正樹との共訳著です。初著書(共著)にしては、いささか専門的というかマニアックな内容ではありますが・・・。

この問題を正面から取り上げた本は日本にはないと思いますので、何らかの参考にはなると思います。特に、児童相談所の関係者には是非とも読んで欲しい本です。

この本の大元となった、ICSAの紀要を読んで深い感銘を受けてから、また、Robert Pardon師の発表をICSAのカンファレンスで聞いてから、3年近くが経ちましたが、ようやく形になりました。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »