« 【有害情報規制】「漫画・イラストも児童ポルノ規制対象に」約9割──内閣府調査【イカサマ調査】 | Main | 【イベント告知】【シンポジウム】長井健司さん殺害に抗議して 「最前線ジャーナリストの真実」【長井健司さん】 »

【推薦図書】事実を武器に、思い込みと妄想を打破したい人のための座右の書

<出版社/著者からの内容紹介>

「『丸山眞男』をひっぱたきたい----31歳、フリーター。希望は、戦争。」
赤木智弘の衝撃的な論考が、月刊誌「論座」2007月1月号に掲載された。

フリーターである自分が、なぜ戦争に希望を見いだすにいたったのか。
それは、俗流若者論を通して、社会全体がすべてを「若者がおかしいから悪いのだ」というイメージで了解していること。
バブル崩壊後に何の責任もとらず、正社員として安定した生活を送ってきた「おとな」たち。彼らが、一部の世代を見殺しにしている現状から、必死に目を背け続けていること。

見殺しにされている団塊ジュニア世代の自分が、人間としての尊厳を得るためには、まず国民全体に「見殺しの罪」を直視させなければならない。
赤木は、若者を見殺しにするこの国の現状を、右派も左派も含めたかたちで、徹底的に批判する。そして、彼に説教をする知識人に対して、こう訴える。

説教するなら、職をくれ!

ひっそりと「声を押し殺して生きる若者」たち。その当事者のひとりが声をあげた。
その声が、行き詰まる若者の姿を、私たちの目に見えるようにした功績は大きい。
「論座」に掲載されたふたつの論文のほかは、すべて書き下ろしで構成。
赤木智弘。32歳、フリーター。希望は、戦争。
衝撃のデビュー作。


戦前の少年犯罪


<内容紹介>
昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害
昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ
昭和17年、18歳が9人連続殺人
親殺し、祖父母殺しも続発!

現代より遥かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、
恐るべき子どもたちの犯罪目録!

なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?
発掘された膨大な実証データによって
戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに
妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

著者について
ウェブサイト〈少年犯罪データベース〉主宰者。戦前、戦後の少年犯罪の事件データを網羅している。
国立国会図書館にこもって古い新聞と雑誌をひたすら読み続ける日々を送っている。

<目次>
1、戦前は小学生が人を殺す時代
2、戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3、戦前は親殺しの時代
4、戦前は老人殺しの時代
5、戦前は主殺しの時代
6、戦前はいじめの時代
7、戦前は桃色交遊の時代
8、戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9、戦前は体罰禁止の時代
10、戦前は教師を殴る時代
11、戦前はニートの時代
12、戦前は女学生最強の時代
13、戦前はキレやすい少年の時代
14、戦前は心中ブームの時代
15、戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16、戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代

著者のホームページ⇒少年犯罪データベース

|

« 【有害情報規制】「漫画・イラストも児童ポルノ規制対象に」約9割──内閣府調査【イカサマ調査】 | Main | 【イベント告知】【シンポジウム】長井健司さん殺害に抗議して 「最前線ジャーナリストの真実」【長井健司さん】 »

Comments

ご紹介いただき、ありがとうございました!

Posted by: 双風舎 谷川 | November 06, 2007 at 11:12 PM

山口さんこんばんわ
日本では近代日本史を知らない人が多すぎます
日本がいかに戦前に比べればあらゆる面で進化しているか知れば、時代遅れの極右思想にかぶれずにすむと思うと残念です

Posted by: 安倍助兵衛 | November 08, 2007 at 02:08 AM

毎度おなじみのアカヒ売国新聞がまたまたやってくれました。
「児童ポルノは…」書店員の衝撃の一言 - 小原篤のアニマゲ丼 - 文化・芸能
http://www.asahi.com/culture/animagedon/TKY200711190275.html


> そして2軒目。絶版となった写真集(1冊数万円)がレジ奥のケースに飾られているその店で、30代とおぼしき店員さん(男性)が取材に応じてくれました。
>
> 「法律ができたら? もう売れないから、処分することになるのかな」
>
> 「でも出版業界や日本弁護士連合会から、児童ポルノの定義が曖昧だと異論も出てるんですよ」
>
> 「ああ、弁護士さん? 好きだからね。あと多いのは医者だね」
>
> 「……?!!?」
>
> 絶句。立ちながらメモを取っていた手が固まりました。
>
> 「いや、日弁連が反対しているのは別にそういう理由ではなくて…」と言ったような気がしますが、記憶が定かではありません。あまりに意表を突く言葉に、頭の中が真っ白になってしまいましたから。

山口弁護士をはじめとした児ポ法に二次元規制を含めることを危惧してくれた弁護士の方々をペド扱いして法律改正を正当化しようとしているのがモロバレの印象操作満々の記事です。

Posted by: アカヒ氏ね | November 22, 2007 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/16994652

Listed below are links to weblogs that reference 【推薦図書】事実を武器に、思い込みと妄想を打破したい人のための座右の書:

« 【有害情報規制】「漫画・イラストも児童ポルノ規制対象に」約9割──内閣府調査【イカサマ調査】 | Main | 【イベント告知】【シンポジウム】長井健司さん殺害に抗議して 「最前線ジャーナリストの真実」【長井健司さん】 »