« 美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願 | Main | 【児童ポルノ法】【署名活動】創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名【はじめました】 »

【言葉狩り】差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚【万歳?】

差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚
(ITmedia News 2008年06月09日 14時32分 更新)


私の感覚からすると、

出版やテレビ業界は、差別表現について、1960年代から人権団体の激しい糾弾を受けてきた。人権団体が
番組や記事、広告などで差別表現を見つけると、責任者を呼んで糾弾会を開き、根底にある差別意識を厳し
く問いただす。場合によっては謝罪広告を出したり、書籍や雑誌の場合は絶版になるなど、経営的にも痛手
を受けることになる。

という糾弾活動はどう考えても集団恫喝/表現弾圧以外の何者でもありません。


糾弾の経験を経て学習したマスメディアでは、自主規制が進んだ。堀田さんが小学館在籍当時にいた部署も、
自主規制の最前線。差別表現に関するレクチャーを開いたり、編集者からの差別表現に関する問い合わせに
対応し、「なぜその言葉がダメなのか」を、納得するまで説明していたという。

「学習した」のではなく、「萎縮した」あるいは「面倒くさいことにかかわらなくなった」というのが正確なところではないでしょうか。
堀田貢得さんは、このような糾弾活動を当然の所為として受け止め、特に問題意思も持っていないようですが、言葉狩りに違和感を覚えない感性は私には理解不能です。マスメディアの対応は、「恫喝に屈した」、「表現にタブーを作ってしまった」としか思えませんし、糾弾と称する言葉狩りに違和感を覚えない堀田貢得さんの感性には大いに違和感を覚えます。堀田貢得さんのことも、恫喝集団の手先、あるいは、幇間としか思えません。


●ブロガーも糾弾のターゲットに
人権団体は最近、ネットを注視しているという。「人権団体はネットを“難しいメディア”ととらえ、真剣にウォッチ
し、ターゲットにしている。差別表現や問題のある記述は、発見される可能性が高い」

糾弾の対象は企業だけではない。作家の発言や、一般人が公的な場で発言した内容が問題になり、糾弾会が
開かれたこともある。ブロガー個人が糾弾の対象になる可能性は、決してないとは言えない。

と書いているのは、堀田貢得さん一流の「ご親切」なのかも知れませんが・・・。集団恫喝する側のお先棒をかついでいるとしか思えません。

この記事で一番違和感を覚えたのが、以下の2つの箇所です。

第一に、

同書によると差別表現とは「他者の人権を侵害し、人間性を深く傷つけ、苦しめ悲しませるような表現」。誰もが
持つ基本的人権――自由と平等の権利や人間らしく幸福になる権利――を侵害するような表現だ。

表現を結果から見て評価してはいけません。
重要なのは、何故、そのような表現がなされるに至ったのかという経緯と文脈です。
極論すれば、表現の結果として、誰が傷つこうと、悲しもうと、人権が侵害されようと、それ自体は価値中立的な単なる事象に過ぎません。「傷ついた」、「悲しんだ」、「人権が侵害された」という結果に正負の価値が付されるのは、これらの結果を生んだ表現行為がなされるに至った経緯と文脈の検討が済んでからのことです。程度問題というのはありますが。
何にせよ、堀田貢得さんの理屈だと他者を批判、批評する自由は著しく制限されてしまいます。
毒にもならない表現は薬にもならないのです。

第二に、堀田貢得さんが多用する「弱者」という言葉の用法です。
「弱者」とは相対的に決まる概念です。
堀田貢得さんが弱者の例として挙げている、「被差別部落出身の人々や、さまざまな障害を持つ人、在日外国人、アイヌ民族、女性、老人、子ども」等の属性を有する人が、一般的には、「弱者」になりやすい存在であることについては異論はありません。

しかしながら、「弱者」という概念は相対的なものですし、「属性」だけで決まるものでもありません。
例えば、今話題になっている「ワーキングプア」、「ネットカフェ難民」あるいは、「偽装請負」の現場にいる人々の大部分は、日本国籍を持ち、身体障害者ではない比較的若い成年の男性です。属性から見れば、「弱者」ではありませんが、実際には、非常に「弱い」立場にあります。

反面、「被差別部落出身の人々や、さまざまな障害を持つ人、在日外国人、アイヌ民族、女性、老人、子ども」等の属性を有する人であったとしても、団結して人権団体を結成し、「糾弾」行為を通じて、マスコミにも強い影響力を持つようになり、あるいは、行政等から特別の措置、利権とも言える恩恵を受けるようになった場合、果たして、「弱者」と言い切れるかどうかは疑問です。

より強力な存在、例えば、国家権力そのものとの関係では「弱者」と言えるでしょう。
ですが、大部分のブロガーは単なる一市民です。一市民であるブロガーと団体の力、財力と影響力を背景にした「弱者」を比べた場合、前者こそが相対的な「弱者」であることは自明です。
もし、「人権団体」が個人のブロガー相手に「糾弾」をするようなことがあれば、「弱者の表現の自由を蹂躙する強者」との批判を受けるのは、「人権団体」の方ではないでしょうか?

私は決して差別を肯定するものではありません。
ただ、「差別用語」なるものを勝手に指定し、これを使用したことをもって「差別だ」と糾弾する偏狭な「言葉狩り」に反対しているだけです。
何故、「言葉狩り」に反対するのか?簡単です。それは、「言葉狩り」が表現行為を萎縮させ、表現の発展性を阻害する一方で、差別の解消に役に立たないからです。百害あって一利なしと私は考えています。

20080610 New!
(参考過去ログ)
石原知事「ババァ」発言、女性たちの賠償請求棄却

|

« 美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願 | Main | 【児童ポルノ法】【署名活動】創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名【はじめました】 »

Comments

特定の人物がブログやそのコメント欄,あるいは電子掲示板上にて,特定の被差別属性を有していることを,その被差別属性に対する差別的表現とともに,執拗に指摘され続けたとしても,表現の自由を守るため,その被害者は,その摘示者が心を入れ替えるまで黙って泣き寝入りをすべきだというご趣旨でしょうか。

Posted by: 小倉秀夫 | June 10, 2008 at 03:41 PM

どこにもそんなこと書かれてないぢゃんw

Posted by: Name | June 10, 2008 at 11:41 PM

え。
山口先生は、特定の人間に差別語が差し向けられ、その結果その人間が非常に不快な、屈辱的な、あるいは人間性を否定された思いに駆られることがあったとしても、「表現の結果として、誰が傷つこうと、悲しもうと、人権が侵害されようと、それ自体は価値中立的な単なる事象に過ぎ」ないのであって、「これらの結果を生んだ表現行為がなされるに至った経緯と文脈の検討が済」むまでは放置しておけといいたいのではないのですか。
それは、差別を肯定するものではないとしても、差別を容認ないし黙認しようというものではないのですか。

Posted by: 小倉秀夫 | June 11, 2008 at 12:50 AM

だーかーらー、山口さんはそんなことを書いてないですってば。

例えば「誰々はアホ」というのは例外なく使ってはいけないということになると、
「3の倍数と3が付く数字のときだけ世界のナベアツはアホになる」という表現もできなくなるでしょ。
それって危険でしょ?

Posted by: Name | June 11, 2008 at 04:04 AM

山口さんのおっしゃるとおりたしかに一方的な価値観のおしつけによって、言葉狩りされることはおそろしいです。
TV局の放送禁止用語規定にも疑問を感じます。
言葉狩りにより表現者の表現の幅はせばまります。
人権団体のいうことをうのみにしてはいけないでしょう。

Posted by: 助兵衛 | June 11, 2008 at 11:11 AM

>小倉先生
私は姓も名もかなり変わった本名を持っています。
姓は先祖の、名は父親の命名センスに由来するものですが、私の感性から言えばどちらも余り名乗りたくない(恥ずかしいとすら感じる)類の名前です。

よって、小倉先生が常々なさっているような、“(ネット上でも)本名を名乗ることを他者にも要求する”類の御主張を見る度に、『それは小倉先生のような一般的かつ誰にも恥じる要素の無いお名前の持ち主の方だから言えることだ』と、かなり強い妬心や傷心を感じます。これは正に被差別感情でしょう。

けれど、だからといって小倉先生のご主張を禁ずるべきだ、とは私は思いません。一方、同様のエビデンスで小倉先生が他者にそれを要求されるのでしたら、正に小倉先生の主張も禁じられるべきである、というパラドクスが生じることになります。

山口先生の仰りたいことは正にそういったことではないでしょうか。

Posted by: 通りすがり | June 12, 2008 at 02:55 AM

そうだとすると,「堀田さんはそんなこと言っていないじゃないか」ってことになるのではないですか?

Posted by: 小倉秀夫 | June 12, 2008 at 05:22 PM

>>小倉氏
山口弁護士は差別的言動に対し、『「恫喝まがいの糾弾」を行う』
ということを問題としているだけでは?

別に黙って泣き寝入りしろなんていってないと思うのですが。

Posted by: 無銘 | June 13, 2008 at 12:07 PM

山口弁護士、リアリスティックな「差別」の実態をどの程度肌身で知った上でのご発言なのか、大いに首を傾げます。書籍に書かれた文言を、概念上でこねくり回しているようにしか感じられません。

また、解放同盟の現状の動き方、放送業を初めとするメディア媒体で俗に「差別表現」とされるものについてどのような考え方・対応をとっているかについての現状認識を欠いたまま、単純に「言葉狩り」なる薄っぺらなレッテル貼りに走っているように見えます。

何故、我々放送事業従事者が「表現」に常々神経を配っているのか、どのようにそれを為しているのか、そういうことを知りもしないのに勝手に忖度して「萎縮」だの「面倒ごとを避ける」だの結論付けられるのは、迷惑ですし不愉快です。

メディアにおける差別表現対応と言う、とてもセンシティブな問題に一言発したいのであれば、視聴者問い合わせ窓口でも、広報を通じての正式な問い合わせでも構いませんから、一度ちゃんと実情を知ってからコメントをするようになさってください。

解放同盟が「かつて」あれだけ強硬な戦術を取った背景についても、是非とも解同に直接話を聞いてから、その評価を下してください。

空理空論で「差別」を論じないでいただきたい。

Posted by: 放送業従事者 | June 13, 2008 at 01:59 PM

>小倉秀夫
本人じゃないでしょ。

Posted by: 匿名さん | June 13, 2008 at 04:12 PM

>放送業従事者さん
つねづね思うのですが、
「~の”現状”を知ってからコメントしろ」と、コメントを残していく人は、なぜその”現状”の内容を書いていかないのでしょうか?

山口さんはあなたのコメントを見て、現状をしらべるかもしれません。
しかし、私はめんどくさいのでそんなこと調べません。
この記事を読んだ人の多くが調べないでしょう。
山口さんも調べないかもしれません。

まあ、多数の人の意見を変えるのがあなたの目的でないのなら、別にいいのですが

Posted by: 通りすがり2 | June 24, 2008 at 07:45 PM

山口さんへ

被告の本人が取り下げたのに、
弁護士が裁判にするのは、被告の人権無視じゃないの?

弁護士って、人権っていうより、
自分の価値観押し付けてるだけじゃないですか?

山口さんのお仲間の安田や足立とかさ。

<奈良女児殺人>小林死刑囚の控訴取り下げ有効確定 最高裁
7月9日19時9分配信 毎日新聞


奈良市の小1女児誘拐殺人事件の小林薫死刑囚(39)が
自分で控訴を取り下げたのは無効だとして、
弁護人が控訴審を開始するよう求めた申し立てについて、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は7日付で、
訴えを退ける決定を出した。控訴の取り下げが有効であることが確定した。

1審・奈良地裁の死刑判決(06年9月)に対し、
小林死刑囚の弁護人は即日控訴。
しかし、公判で「死刑にしてほしい」と述べていた本人が
2週間後に自ら控訴を取り下げ、死刑が確定した。

07年2月に新たに選任された弁護人は
「1審の弁護人の効力は控訴で失われており、弁護人不在状態での取り下げは違憲。
小林死刑囚は追い詰められた精神状態で、判断に必要な能力を欠いていた」と主張。
奈良地裁、大阪高裁とも「精神障害は認められない」と申し立てを退けたため特別抗告したが、
小法廷は「判例から違憲主張に理由がないのは明らか」と退けた。

Posted by: ヤマちゃん | July 09, 2008 at 09:06 PM

山口 様

以下のリンク先で、山口氏を中傷する
記事が紹介されていましたので、報告
致します。


問題の記事のリンク先

ポリスジャパン

           2008年7月7日

コミケは公安調査庁にマークされている

http://www.policejapan.com/contents/syakai/20080707/index.html

Posted by: このは | July 13, 2008 at 07:15 PM

私はあなたの発言に共感してます
巨大な団体権力下での言動弾圧

差別意識の問題を言葉にすり替えての弾圧
これを黙認していたら言葉全てが彼らの対象となるでしょう

市民一人一人が声を出せる社会の建設には
彼らのような団体権を傍若無人に振るう輩を野放しにしてはいけない

Posted by: 聖 | October 26, 2013 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/41482723

Listed below are links to weblogs that reference 【言葉狩り】差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚【万歳?】:

» 遠まわしに自己弁護? [混ぜるなキケン!]
 メールアドレスを入力しないとコメントできないので、自分のところで。    以下、「弁護士山口貴士大いに語る」 >【言葉狩り】差別表現 ブロガーも問われる責任と人権感覚【万歳?】http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2008/06/post_8fbb.htmlより引用。 >もし、「人権団体」が個人のブロガー相手に「糾弾」をするようなことがあれば、「弱者の表現の自由を蹂躙する強者」との批判を受けるのは、「人権団体」の方ではないでしょうか? ... [Read More]

Tracked on June 10, 2008 at 03:10 AM

» 【政治】 「アイヌ民族は、日本の先住民族」…参院が全会一致で採択★2 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212738318/ [Read More]

Tracked on June 10, 2008 at 09:02 AM

« 美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願 | Main | 【児童ポルノ法】【署名活動】創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名【はじめました】 »