« 「がん絶対治る」と人参売った容疑 会社社長ら逮捕 | Main | 【Toshi】【Masaya】控訴審MASAYA尋問期日のご案内【ホームオブハート】【トシオフィス】【癒しのコンサート】 »

中山成彬前国土交通相の辞任は当然・・・

日教組の批判をすることそれ自体に問題があるとは思いませんが、間違った知識を振り回し、これに固執される態度、日本国憲法を軽視する態度は(※)、閣僚の一員に相応しくありません。中山成彬氏は、是非肩書きに、「前国土交通相」だけではなく、「前衆議院議員」も付け加えて頂きたいと思います。

さまざまな犯罪が起こっている。あるいは親殺しとか。それは教育に問題があった。特に日教組。何より問題なのは「内心の自由に立ち入らない」と言って、道徳教育に反対する。何とか日教組を解体しなければいかんと思っている。小泉さん流に言えば「日教組をぶっこわす」。この運動の先頭に立つ思いでいる。

つ 戦前の少年犯罪


 


著者のホームページ⇒少年犯罪データベース

目次だけ紹介しておきますね。

1  戦前は小学生が人を殺す時代

2  戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代

3  戦前は親殺しの時代

4  戦前は老人殺し時代

5  戦前は主殺し時代

6  戦前はいじめの時代

7  戦前は桃色交遊時代

8  戦前は幼女レイプ殺人事件の時代

9  戦前は体罰禁止の時代

10  戦前は教師を殴る時代

11  戦前はニートの時代

12  戦前は女学生最強時代

13  戦前はキレやすい少年の時代

14  戦前は心中ブームの時代

15  戦前は教師が犯罪を重ねる時代

16  戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代

New! 20090929
(※)憲法擁護尊重義務(憲法99条)を負う閣僚が、単なる批判にとどまらず、特定の労働組合の解体を求める運動の先頭に立つことは、明らかに、団結権(憲法28条)を無視ないし軽視していると思われるので、その点を問題視しています。本文中に書き忘れてしまい、分かり難かったと思うので追記しました。

|

« 「がん絶対治る」と人参売った容疑 会社社長ら逮捕 | Main | 【Toshi】【Masaya】控訴審MASAYA尋問期日のご案内【ホームオブハート】【トシオフィス】【癒しのコンサート】 »

Comments

>日本国憲法を軽視する態度は、閣僚の一員に相応しくありません。

妄信する態度こそ問題でしょうね

Posted by: たぐち | September 29, 2008 at 11:44 PM

公務員の組合活動についてはどう考えているのだろうか?
第15条第2項に「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」とある。
団結権は勤労者に認められていますが、「一部の奉仕者」とみなされる類の団体行動は15条の規定で制限もしくは禁止されるべきではないか。
それに確か、誰であろうと言論の自由は保障されなければならない、と青学の暴言准教授をかばった同じ人のブログで、閣僚発言を取り上げて「閣僚の一員にふさわしくない」と評するコメントを見るとは思わなかった。こういうのをダブルスタンダードというのではないか。

Posted by: やす | October 06, 2008 at 04:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/42634099

Listed below are links to weblogs that reference 中山成彬前国土交通相の辞任は当然・・・:

« 「がん絶対治る」と人参売った容疑 会社社長ら逮捕 | Main | 【Toshi】【Masaya】控訴審MASAYA尋問期日のご案内【ホームオブハート】【トシオフィス】【癒しのコンサート】 »