« 【公明新聞】ゲームソフト規制のあり方探る【やっぱり公明党か】 | Main | 【MASAYA】ホームオブハート、トシオフィス相手に控訴審でも勝訴しました。【TOSHI】【WANKU】 »

【実写と】アマゾン、販売自粛 「ジュニアアイドル」過激作品【創作物は区別しよう】

アマゾン、販売自粛 「ジュニアアイドル」過激作品

 インターネット通販大手、アマゾンジャパンが「ジュニアアイドル」と呼ばれる少女らの過激な水着姿のDVDや写真集の一部について販売を取りやめたことが17日、関係者の話で分かった。大手通販サイトの自粛により、今後、作中の演出や販売動向に影響が出る可能性もある。

 小中学生など18歳未満のモデルが露出度の高い水着を着たり、性行為を連想させるポーズをとる作品は近年、過激化。違法の線引きは明確でないが、今年2月には、水着の下に手を入れたDVDを作製したとして、フリーカメラマンの男らが全裸シーンがない作品では初めて児童買春・ポルノ禁止法違反罪で逮捕、起訴されるなど規制の動きがある。

 アマゾンの販売自粛は、女性や子供への犯罪や人身売買の問題に取り組むNPO法人「ポラリスプロジェクト」日本事務所が要請。「違法にならないという作品にも子供が性的商品にされているものがある」として、日本よりも児童ポルノの規定が厳格とされる米国の判例を基準にしてサイトの作品を調査。8~17歳の日本人の男女が出演している136点を「児童ポルノ」として販売停止を要請し、今月に入り84点がサイトから削除されたという。

 アマゾンジャパン広報部は「外部から指摘を受けることはあるが、販売の可否は社内のガイドラインに従い判断している。ガイドラインの内容は公表していない」とした。

5月18日7時56分配信 産経新聞
-------------------------------------------

取次ぎ、流通業者による「自主規制」は実質的な表現の自由の圧殺につながりかねなませんが、今回は、アマゾンの対応に賛成します。

「ジュニアアイドル」と呼ばれる少女らの過激な水着姿のDVDや写真集には被写体となっている「被害者」がいるからです。

定義の困難さ故に(通常の裸体写真・芸術との線引き等)、現行法で摘発可能な範囲外にあるこの手の作品に対する法的な規制の導入については慎重な議論が必要になります(特に、単純所持規制には反対せざるを得ない)。
しかしながら、この手の「作品」が、被写体とされている児童の人権を侵害していることは間違いありませんし、その流通を抑制することは被害者の人権救済には資する対応です。今回は、アマゾンの対応を支持する所以です。

児童ポルノに該当するかどうかという議論はさておいて、これを製造している連中に対し、児童福祉法違反等の既存の法令を駆使した対応は十分に可能ですし、関係捜査機関の努力に期待したいところです。

もう一つは親の問題です。
業者からお金が親に出演料などの名目でお金が渡されている場合、親が子を食い物にする構図は否定できません。こういう作品に出演を許諾する親の親権の剥奪or制限くらいは考えてもいい時期にきているのかも知れません。

|

« 【公明新聞】ゲームソフト規制のあり方探る【やっぱり公明党か】 | Main | 【MASAYA】ホームオブハート、トシオフィス相手に控訴審でも勝訴しました。【TOSHI】【WANKU】 »

Comments

>定義の困難さ故に(通常の裸体写真・芸術との線引き等)、現行法で摘発可能な範囲外にあるこの手の作品に対する法的な規制の導入については慎重な議論が必要になります(特に、単純所持規制には反対せざるを得ない)。

この文章と

>しかしながら、この手の「作品」が、被写体とされている児童の人権を侵害していることは間違いありませんし、その流通を抑制することは被害者の人権救済には資する対応です。今回は、アマゾンの対応を支持する所以です。

この文章は矛盾していると思いますが。
児童の人権侵害にあたるかどうかの判断は、結局のところポルノか芸術かの線引きによるのでは?
ジュニアアイドル作品はポルノにあたり、従って児童ポルノであるから児童の人権侵害である。よって自主規制も積極的に勧めたほうがいい、という筋立てなら分かりますが、あなたはそこの判断を避けていませんか。
定義が曖昧である以上、「児童の人権を侵害していることは間違いありません」とは言い切れないんじゃありませんか。
「人権侵害」や「被害」の範囲を広げることは、結局、児童ポルノの単純所持規制のような方向にしか向わないと思いますが。

Posted by: 高井 | May 22, 2009 at 04:35 AM


> ユーさん
例のアヤちゃん!!唾ダラダラ垂らしながら喉フェラ三昧のスゴ技師でしたよwww
そのまま口に発射したら精子全部飲んでくれたうえに超テンションアゲアゲで10万くれたしwwww
ノリのいい金持ちってオバカ多いですねーwwwwwww

http://komachin.anusu.net/9lNh0Ne/

Posted by: ジュブズブすぽ | May 23, 2009 at 12:14 AM

山口さん、下記のことお答えしていませんが。

・17歳を児童として扱うのは民法などの法的整合性や自己決定権の問題があり、また、世界基準に照らしてみても、「16歳未満」が一般的であり、また「13歳未満」とする先進国も少なくない。つまり、18歳未満の水着を無条件に「虐待」と決め付けることは、逆に未成年者の自己決定権の侵害になり、それこそ「虐待」になる可能性もある。親の問題なら、「労働基準法」で解決すべきこと。


・「児童の人権を侵害」と断言しているが、具体的に「どの法文に規定される」「どの人権を」「どのように」侵害しているのかが全く述べられていない
・「児童ポルノはわいせつでなくても規制可能」と言い切っているが、根拠がどこにもない(法律なんて「言いよう」なので)
・子供の体操着姿や薄着姿、水着姿を撮影したホームビデオでも規制するつもりか
・2次元ポルノの規制において「わいせつの定義が曖昧だ」と述べていたはずの人間が、まるで児童ポルノは曖昧な基準で逮捕されてもいいかのような発言をしている
 

勿論、「性交またはそれに類似する」行為なら、明らかに虐待ですし、単なる水着でも本人が納得しない形での出演は、刑法の「強要罪」や「労働基準法」など、「児ポ法」とは別の法益で解決すべきこと。
大体、見た者が欲情するかどうかは「単なる記念写真」(ヌードどころか、性的なニュアンスがなくても)でも、欲情する人間がいる以上、意味がないことは言うまでもありません。

Posted by: Λ | May 24, 2009 at 03:32 PM

追記

欧米において、「児童の単なるヌード」は、児童ポルノどころか、わいせつ物ですらありません。
実際、海外の児童ヌードは一般流通しています。
本来、児童ポルノの定義は「児童の虐待の記録かどうか」であって、単にヌードというだけではわいせつ物ですらありません。児童のヌードを児ポとしているのは日本だけです。
撮影の過程で、虐待が行なわれていたなどが確認できたなら兎も角、単なるヌードは一般的には「虐待」として扱いません。
まして、水着なら尚更です。
エクパット関西(児童の人権保護団体)は、児童ポルノの実態を調べるために「ロリコンビデオ」を調査したら、大部分が知らない人間が見たら「家庭のアルバム」と変わらない内容でした。
そのため、単なる「ヌード」などでは児童ポルノではなく、何かしらの虐待の事実が見つかって初めて「児童ポルノ」とすべきとしています。
児童の人権保護団体ですら、この見解を示しているのに、何の根拠もなく「虐待」と決め付ける態度は、法に携わる人物としてどうかと思います。

Posted by: Λ | May 24, 2009 at 08:27 PM

日本には「労働基準法」という法律があって、15歳未満の児童の就労は原則違法、しかし、子役などの特定分野については例外的に認可する、というのが原則だったはずです。

ジュニアアイドルについては、この点から、問題の「特定分野」の定義を厳密にするなどの対策を取るのが正しいと思います。
そもそも、義務教育中の児童は学校教育に専念しなくてはいけません。

そして、この労働基準法に立脚した規制以外は不要ですし、余計なことを語る必要はありません。

この理屈でいくと、16歳以上のジュニアアイドルは完全に合法になりますが、義務教育を終えてる以上は、職業選択の自由があるはずです。

Posted by: Hiz | May 30, 2009 at 03:33 PM

アマゾンの販売自粛以前にNPO法人「ポラリスプロジェクト」の対応に問題はなかったのでしょうか。

この団体に限った事ではありませんが、こういう活動をしている団体ってどれも主観(偏見)的な考えだけで行動しているようにしか見えないんですよね。
というのも、「違法にならないという作品にも子供が性的商品にされているものがある」とする前に、このジャンルは被写体が存在しているわけですから周りの人間がどうこう言うのではなく被写体自身がどう思っているのかが重要ではないかと考えるからです。

本人達の意思に反しているかどうかもロクに調査していないのに、調査したとする言動、ましてや何の裏付けも無いまま主観的な思考だけで児童ポルノ扱いとして販売停止を要請した「ポラリスプロジェクト」という団体には本当に呆れてしまいますね。

尚、このジャンルついての対応は山口先生が仰るように単純所持規制はもちろん反対ですし、別の回答者が仰るような労働基準法にて対応するので十分だと思います。
また、労働基準法にて対応するにしてもあくまで被写体の意思に反している物に限定すべき事ですし、管轄を警察関係による恣意的行動をさせないためにも厚生労働省に移管するという形も取るべきではないかと思います。

Posted by: コントラ | March 26, 2010 at 02:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/45064097

Listed below are links to weblogs that reference 【実写と】アマゾン、販売自粛 「ジュニアアイドル」過激作品【創作物は区別しよう】:

« 【公明新聞】ゲームソフト規制のあり方探る【やっぱり公明党か】 | Main | 【MASAYA】ホームオブハート、トシオフィス相手に控訴審でも勝訴しました。【TOSHI】【WANKU】 »