« 【単純所持規制】自民、児童ポルノ改正案再提出へ 単純所持も規制【おかわり】 | Main | 【周知徹底】早くも動き出した「児童ポルノ禁止法案」 【警戒レベルを上げよう】 »

【ホームオブハート関連訴訟】Veni vidi vici!【業務妨害的訴訟の破綻】

原告らの請求をいずれも棄却する。-再び、ホームオブハート関連事件で勝訴しました。

2008年12月9日付で、紀藤正樹、私(山口貴士)、ホームオブハートの被害者である山本ゆかりさん、同じく被害者のKさんを被告として損害賠償請求訴訟が提起された事件で、本日、東京地方裁判所527号法廷で判決が出されました。完全勝訴です。

訴訟を提起した原告側は弁護士も当事者も誰も出席しませんでした。敗訴を確信していたのだと思います。その意味で、ホームオブハート側が時効消滅していることが明らかな本件事件をあえて提起したことは、労力・金銭面で、他の関連事件への弁護団の戦力を殺ぐ業務妨害的事件の一貫であり、被害者への口封じ目的の不当訴訟であることは明らかだろうと思います。

なおホームオブハート全事件につき代理人が共通していますが、仮に時効消滅の理由が、訴訟提起遅延という、弁護士の怠慢によるものであるなら、弁護過誤である可能性もあります。

なおこの事件の原告は、2004年4月7日に、トシオフィス及びホームオブハートの施設から栃木県北児童相談所により一時保護された5名の児童(うち、2名は一時保護当時乳児)とその保護者3名の合計8人です。請求金額の合計は1億7000万円にもなります。

請求の理由は、紀藤正樹、山口貴士両弁護士、山本ゆかりさん、Kさんが共謀の上で、児童相談所に対して虚偽の通告を行った上で、5名の児童を「監禁」させたということ等ですが、その動機としては、XJAPANの元ヴォーカリストであるToshiこと出山利三を洗脳から解いてホームオブハートから決別させ、XJAPANに戻し、復活コンサートを武道館で行い、最後はXJAPANのメンバーであるYoshikiと抱き合うというストーリーのドキュメンタリー番組を捏造する、という企画に紀藤正樹、山口貴士、山本ゆかりさん、Kさんが加担し、Toshiこと出山利三を救出するためにメディアを使って騒動を起こし、ホームオブハートを陥れて抹殺するという計画の一環として、虚偽の通告を児童相談所に行ったという荒唐無稽な被害妄想としか言いようがない内容が訴状において臆面もなく語られていました。

まさに「でっちあげ」は、ホームオブハート、Toshiの方です。
このような訴訟に、子供たちを楯にして巻き込む感性が驚きです。彼らの属性をよくあらわしていると思います。

なお先行している東京地裁(平成19年2月26日判決)判決は、次のとおり判断していました。

・判決理由抜粋
 ホームオブハートが癒しの商品やサービスを提供する会社であるかのように装って、悩みをかかえている女性に女性スタッフを接近させ、具体的な悩みの内容とその原因、経歴、家族関係その他の個人情報を聞き出し、被告MASAYA(本名倉渕透)のコンサートなどに参加させた機会に、精神医学や心理学の知識を基礎とする自己啓発セミナーのノウハウを流用して、・・不安を煽り、困惑させて、このような罠にひっかかる女性の出現を待つことを共謀していたものとみるのが相当である。
 そして、このようにして罠にひっかかりセミナーに参加するようになった女性に対しては、さらに、精神医学や心理学の知識を基礎とする自己啓発セミナーのノウハウを流用してマインドコントロールを施し、被告MASAYAの言うことを聞かなかったり、セミナーへの参加を止めたりすると、地獄のようなつらい人生を送ることになると信じ込ませ、猜疑心を持たないようにすべきこと、思考を止めるべきこと並びに所持金が底をつくこと及び借金が返せなくなることに対する恐怖感をなくすべきであることという考え方を刷り込み、被告MASAYAの指示するとおり所持金や借入金を被告ホームオブハートに支払ってくれる人間に改造していったとみるのが相当である。また、このようにマインドコントロールされた状態を維持するために、思考を停止する訓練を継続させ、フィードバックやセラピーにより被告MASAYAの言うことが正しいと思いこませ続けた。
 (このような)目的及び手法をもってマインドコントロールされた状態に照らし意図的に陥れる行為は、社会通念に照らし、許容される余地のない違法行為であることは、明らかである。
 精神医学や心理学の知識を濫用してはならないことは当然のことであって、これらの知識を濫用して他人の心を傷つけることが、およそ血の通った人間のやるようなことではないことは、論をまたないところである。他人に考える余裕や反論する余裕を与えずに、特定の考え方、価値観に基づき集団で長時間一人の相手を罵倒し続けることは、精神的な拷問に等しく、相手の心に深い痛手を永遠に残すことになるのであって、このような行為がおよそ血の通った人間のやるようなことではないことも、また、論をまたないところである。


※ 下線は、山口によるもの。この判断は、ほぼ、2009年5月28日の高裁判決で維持されています。

これは速報です。3
【MASAYA】ホームオブハート、トシオフィス相手に控訴審でも勝訴しました。【TOSHI】【WANKU】
------------------------------------------------------

Veni vidi vici! 今日は判決の日でした。

実は、訴えられていました。民事訴訟の被告でした(初めての経験です)。請求金額は何と合計1億7000万円!

このような業務妨害的な訴訟に加担した原告ら代理人(復代理人含む)弁護士は以下のとおり。

安田修 やすだ おさむ   第二東京弁護士会 大島総合法律事務所
野中信敬 のなか のぶたか 第二東京弁護士会 大島総合法律事務所
橋本幸子 はしもと さちこ 第二東京弁護士会 大島総合法律事務所

佐藤仁志 さとうひとし 東京弁護士会 新宿御苑法律事務所

遠藤一義 えんどうかずよし 東京弁護士会 芝綜合法律事務所

市河真吾 いちかわしんご 東京弁護士会 赤坂見附総合法律会計事務所

|

« 【単純所持規制】自民、児童ポルノ改正案再提出へ 単純所持も規制【おかわり】 | Main | 【周知徹底】早くも動き出した「児童ポルノ禁止法案」 【警戒レベルを上げよう】 »

Comments

http://ameblo.jp/blog-toshi/

> 長年の誹謗中傷のストレスからWANKUとMASAYAも同じですが、
> TOSHIが倒れてしまいました。

だそうです。
長年誹謗中傷するのは
ストレスが溜まるようです。

Posted by: Name | October 30, 2009 at 06:18 PM

コミケはみんなが楽しめるものにして下さいね。

Posted by: あ | November 02, 2009 at 11:45 PM

山口さん、こんにちは!山口さんに真剣な要望です。僕は熱心なXJAPANファンです!でもTOSHIや主宰者MASAYAやHOH団体を到底理解できないし絶対に絶対に許せません!山口さんにL.A.に行っていただきYOSHIKIに会ってTOSHIや主宰者MASAYAやHOH団体の人の尊厳を破壊して人生を破滅させる悪質悪辣な事実をYOSHIKIに話してください!お願いします!お願いします!

Posted by: 匿名 | November 04, 2009 at 02:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/46600658

Listed below are links to weblogs that reference 【ホームオブハート関連訴訟】Veni vidi vici!【業務妨害的訴訟の破綻】:

« 【単純所持規制】自民、児童ポルノ改正案再提出へ 単純所持も規制【おかわり】 | Main | 【周知徹底】早くも動き出した「児童ポルノ禁止法案」 【警戒レベルを上げよう】 »