« 「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に対するパブリックコメント | Main | 『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』 »

【京都精華大学国際マンガ研究センター学術シンポジウム】マンガ×ミュージアム脱限界論 -マンガ表現規制問題をめぐって-

京都精華大学国際マンガ研究センター学術シンポジウム

マンガ×ミュージアム脱限界論 -マンガ表現規制問題をめぐって-

マンガを扱う施設が全国に次々誕生し、注目を集める昨今、マンガと社会との関わりはどのように変わりつつあるのでしょうか。このシンポジウムでは、マンガに対する新たな表現規制として論議を呼んでいる「東京都青少年の健全な育成に関する条例」改正案を手がかりに、マンガ研究や人文学、美術史学やジェンダー研究などの立場から論じ、マンガと社会の関わりについて、そこで大学やミュージアムが果たす役割について考えます。

日時 2010年5月23日(日)午後1時30分~5時

会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール

主催 京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム

参加無料(ミュージアム入場料は必要)申込不要・定員先着200名

出演者(五十音順)
・伊藤剛氏
 (マンガ評論家/東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授)
・斎藤光氏
 (近現代文化誌・性科学史研究/京都精華大学人文学部教授)
・竹宮惠子氏
 (漫画家/京都精華大学マンガ学部教授)
・ジャクリーヌ・ベルント氏
 (美学・マンガ研究/京都精華大学マンガ学部教授・国際マンガ研究センター副センター長)
・レベッカ・ジェニスン氏
 (ジェンダー論/京都精華大学人文学部教授)

司会 吉村和真氏
 (思想史・マンガ研究/京都精華大学マンガ学部准教授・国際マンガ研究センター研究統括室長)

参考:京都精華大学ホームページ
[報道発表]東京都青少年健全育成条例改正案に関する意見書について

|

« 「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に対するパブリックコメント | Main | 『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』 »

Comments

東京都はなぜパブコメを開示しなかったのか?
その答えです
東京都側に問題行為があったのです
パブコメの黒塗りという悪意に満ちた行為です
http://togetter.com/li/18864

Posted by: ダイバー | May 06, 2010 at 08:20 PM

>児童ポルノ規制強化めぐり都議会「関係者への説明不十分では」
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201005066.html
>東京都が漫画やアニメを対象にした児童ポルノの規制強化のために出している
>条例の改正案をめぐり都議会の総務委員会が開かれ、不健全図書の現状と
>都民や出版業界などへの説明状況が議論されました。


と、この様な、この条例が『児童ポルノ禁止法』』と関わりがある
様に書かれた記事が出ているのですが(これだけではありません)
この点に関しては規制派と規制反対派との間で意見の相違は無いのでしょうか?

と言いますのは、この点で合意が出来てしまうと

「アニメ・漫画も児童ポルノなのだから被害児童が居なくても児童ポルノは禁止すべき」

とのロジックで販売そのものが禁止されてしまうのではないでしょうか?

実際、日本ユニセフは、この論法で創作物の販売そのものを不可能にする活動をしています。

>アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html
>アグネス・チャンさんは「子どもへの性的虐待は犯罪。
>ポルノを持ってもだめ、漫画を買って読んでもいけないと訴えていくべき」と話した。

Posted by: 木内 | May 07, 2010 at 12:45 AM

児童ポルノのブロッキングって危険だと思いませんか?

ブロッキング規制の怖いところは、対象とされているサイトが本当にブロッキングの対象となるべき児童ポルノサイトかどうかわからない点にあります。それゆえ、対象のアドレスリストに合法的なサイト(例えば、警察の裏金を追及するサイト)を紛れ込ませても、バレません。さらに、ブロッキング対象が拡大していけば、管理が大変になります。管理が大変になればなるほど、管理がずさんになり濫用は容易になります。

さらに、アドレス管理団体は警察庁の天下りと化そうとしています。仮に第三者を委員にするにしても、後藤啓二弁護士のような警察庁出身者を第三者と言い張って、委員にねじ込むだけでしょう。
管理団体の天下り化は、民主党の天下り禁止の理念にも反するので、おおいに批判する価値があります。

ちなみに、第三者の有識者として、警察庁が後藤啓二弁護士をねじ込むのは常套手段ですよね。

Posted by: マストラル | May 14, 2010 at 08:32 PM

http://itomasaki.air-nifty.com/masaki/2010/05/post-ceaa.html#comments

規制賛成のひとたちが署名活動等をしているようですが、5月17日の『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』の集会では、規制反対の署名集めは行うのでしょうか?

いい機会だと思うのですが。

Posted by: Fujiiro | May 16, 2010 at 07:52 PM

木内様

ご指摘ごもっともです。

創作物が児童ポルノでない根拠

①児童ポルノは出演者の年齢によって定義づけられます。
「外見(見た目)」や「シチュエーション(制服を着ているとか学校が登場するといったこと)」は定義にはなりえません。
成人でも幼く見える人がいる。その逆もしかり。「外見」と言う要素が持ち出されると、従来の「年齢基準」との整合性がとれなくなります。
また日本人を含むアジア系人種は欧米人に比べ幼く見えるなど人種間差異が顕著であり、児童ポルノへの「外見」という概念の導入は民族差別や民族浄化へと発展する恐れすらあります

「シチュエーション」に関してはまったくもってナンセンス。成人女性が未成年を演じるAVはごまんとありますが、規制の根拠がない。また、未成年がOLを演じればokということになります。

②そもそも漫画やアニメに登場する“キャラクター”は、実在の人間とは全く異なる姿かたちをしている。
日本では独特のキャラクター文化が発展してきました。キャラクターを恋愛性愛の対象とする「萌え」もそのひとつで、
小児性愛なんかとは全く異なるものです。
したがって、児童ポルノ法による規制になんらの合理的根拠、正統な理由がありません。
規制派たちもアニメ漫画文化、キャラクター文化が気に食わないから児童ポルノにこじつけて規制しようとしているだけで、それらを「子供を性の対象にする風潮を助長させる」とか「犯罪を誘発する」などと本気で思っているわけではありません。
本来ならそういうことを踏まえ、漫画やアニメを児童ポルノ法でもって取り締まろうと言うことのおかしさを追及すべきなのですが、反対派はなぜかそういう主張を避けています。「表現の自由」とかにこの問題をすり替えちゃっているわけですよね。
アニメや漫画が、現実の子供を描いているということを、暗黙のうちに認め、それを前提に主張しているわけなんです(そのつもりがなくても、そのように受け取られかねないものです)。
よく「キャラクターの年齢を特定するのは難しい」とか言う主張もなされますが、これも”キャラクター”が実在の人間を描いていると言うことを前提とした主張ですよね。
こういう中途半端なことをやっているから、規制推進派を勢いづかせ、「子供を性の対象に描いているけしからんやつら」とか、彼らに付け入る隙を提供しちゃっているのです。

結局反対派は、この問題の本質から目をそむけ、タテマエ論ばかり展開しているわけなのですよ。そういうことをいつまでも続けていれば、この問題はいつまでもくすぶり続け、いつか反対運動は瓦解してしまうと思います。
戦略を根本から改め直さなければなりません。

Posted by: ふりっぷ | May 29, 2010 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/48248229

Listed below are links to weblogs that reference 【京都精華大学国際マンガ研究センター学術シンポジウム】マンガ×ミュージアム脱限界論 -マンガ表現規制問題をめぐって-:

» いつもの事とはいえ、さすがに少し頭にきた。 [表現規制について少しだけ考えてみる(仮)]
いつもの事とはいえ、さすがに少し頭にきた。 前回のエントリーもご覧頂いた上で。 よろしければ、みなさんも読売新聞に意見してください。 ... [Read More]

Tracked on May 04, 2010 at 07:03 PM

« 「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に対するパブリックコメント | Main | 『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』 »