« June 2010 | Main | September 2010 »

【社説】“疑似医療”という概念の再確認を

やや日刊カルト新聞の社説がとても良い問題提起をしていたので、御紹介。

【社説】“疑似医療”という概念の再確認を


やや日刊カルト新聞の関連記事】
ホメオパシー、今日もまた袋叩き=日本助産師会・日本薬剤師会も否定声明
ホメオパシー、袋叩きに=日本医師会・日本医学会も参戦
朝日新聞が1面トップでホメオパシー問題を報道
日本ホメオパシー医学協会につけるクスリはあるか
ホメオパシーは「ただの水」、医療現場から排除を=日本学術会議が会長談話
ホメオパシー?で乳児死亡、母親が助産師を提訴(山口地裁)
英国議会委員会がホメオパシーを完全否定「プラセボ以上の効果なし」

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話

ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話

「ホメオパシー」についての会長談話

 ホメオパシーはドイツ人医師ハーネマン(1755 - 1843年)が始めたもので、レメディー(治療薬)と呼ばれる「ある種の水」を含ませた砂糖玉があらゆる病気を治療できると称するものです。近代的な医薬品や安全な外科手術が開発される以前の、民間医療や伝統医療しかなかった時代に欧米各国において「副作用がない治療法」として広がったのですが、米国では1910年のフレクスナー報告に基づいて黎明期にあった西欧医学を基本に据え、科学的な事実を重視する医療改革を行う中で医学教育からホメオパシーを排除し、現在の質の高い医療が実現しました。

 こうした過去の歴史を知ってか知らずか、最近の日本ではこれまでほとんど表に出ることがなかったホメオパシーが医療関係者の間で急速に広がり、ホメオパシー施療者養成学校までができています。このことに対しては強い惑いを感じざるを得ません。

 その理由は「科学の無視」です。レメディーとは、植物、動物組織、鉱物などを水で100倍希釈して振盪しんとうする作業を10数回から30回程度繰り返して作った水を、砂糖玉に浸み込ませたものです。希釈操作を30回繰り返した場合、もともと存在した物質の濃度は10の60乗倍希釈されることになります。こんな極端な希釈を行えば、水の中に元の物質が含まれないことは誰もが理解できることです。「ただの水」ですから「副作用がない」ことはもちろんですが、治療効果もあるはずがありません。

 物質が存在しないのに治療効果があると称することの矛盾に対しては、「水が、かつて物質が存在したという記憶を持っているため」と説明しています。当然ながらこの主張には科学的な根拠がなく、荒唐無稽としか言いようがありません。

 過去には「ホメオパシーに治療効果がある」と主張する論文が出されたことがあります。 しかし、その後の検証によりこれらの論文は誤りで、その効果はプラセボ(偽薬)と同じ、すなわち心理的な効果であり、治療としての有効性がないことが科学的に証明されています。英国下院科学技術委員会も同様に徹底した検証の結果ホメオパシーの治療効果を否定しています。

 「幼児や動物にも効くのだからプラセボではない」という主張もありますが、効果を判定するのは人間であり、「効くはずだ」という先入観が判断を誤らせてプラセボ効果を生み出します。

 「プラセボであっても効くのだから治療になる」とも主張されていますが、ホメオパシーに頼ることによって、確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性があることが大きな問題であり、時には命にかかわる事態も起こりかねません。こうした理由で、例えプラセボとしても、医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認められません。

 ホメオパシーは現在もヨーロッパを始め多くの国に広がっています。これらの国ではホメオパシーが非科学的であることを知りつつ、多くの人が信じているために、直ちにこれを医療現場から排除し、あるいは医療保険の適用を解除することが困難な状況にあります。またホメオパシーを一旦排除した米国でも、自然回帰志向の中で再びこれを信じる人が増えているようです。

 日本ではホメオパシーを信じる人はそれほど多くないのですが、今のうちに医療・歯科医療・獣医療現場からこれを排除する努力が行われなければ「自然に近い安全で有効な治療」という誤解が広がり、欧米と同様の深刻な事態に陥ることが懸念されます。そしてすべての関係者はホメオパシーのような非科学を排除して正しい科学を広める役割を果たさなくてはなりません。

 最後にもう一度申しますが、ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されています。それを「効果がある」と称して治療に使用することは厳に慎むべき行為です。このことを多くの方にぜひご理解いただきたいと思います5。

平成22年8月24日
日本学術会議会長
金 澤 一 郎

1 Shang A et al. Are the clinical effects of homoeopathy placebo effects? Comparative study of placebo-controlled trials of homoeopathy and allopathy. Lancet 2005; 366: 726
2 Evidence Check 2: Homeopathy 2010. 2.8
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm200910/cmselect/cmsctech/45/45.pdf
3 ビタミンKの代わりにレメディーを与えられた生後2ヶ月の女児が昨年10月に死亡し、これを投与した助産婦を母親が提訴したことが本年7月に報道されました。
4 WHOは世界の一部の国でホメオパシーが広く使用されている現実に配慮して、その治療効果には言及せずに、安全性の問題だけについての注意喚起を行っています。
http://www.who.int/medicines/areas/traditional/prephomeopathic/en/index.html
5 ホメオパシーについて十分に理解した上で、自身のために使用することは個人の自由です。


非常に分かり易く、かつ、的確な指摘です。日本学術会議の英断に敬意を表します。


ただ、私は、ホメオパシー問題において最重要な論点は、効果があるかないかではないと考えています。

ホメオパシーの実体は、只の水を染み込ませた砂糖粒をなめれば病気が治るという一種の「信仰」に他なりません。二重盲検法以前の問題ですが、科学サイドとしては、二重盲検法によるテストを行うという義理を尽くしており、やはり、プラセボ効果しないことが確認されています。ゆえに、ホメオパシー肯定派からの「ホメオパシーのことをよく分かっていない・・・・(略)」という指摘は基本的に検討に値しないと考えています。

最大の問題点はホメオパシーの宣伝と勧誘の仕方にあります。ここでいうホメオパシーは、現実に行われているホメオパシーを意味します。「本来の」、あるいは、「あるべき」ホメオパシーではありません。

統一協会の霊感商法は、本来の統一協会の教えとは異なる、という反論に意味がないのと同じです。

ホメオパシーに接近する人の多くは健康上の悩みを抱えている筈です。現代医学は万能ではありませんし、治療を受けても治らないことも当然ありますし、薬の副作用に悩まされることもあるでしょう。ホメオパシーが悩みを抱える人とどのようにして接点を持つのかが問題になります。

私は、ホメオパシーそれ自体を法律によって禁止すべきだとは考えていません。

むしろ、成人、が冷静かつ合理的な意思決定に基づいて、自分自身のために、ホメオパシーを選択することは自己決定権(愚行権?)の一環として尊重されるべきだという立場です。

問題は、現在のホメオパシーユーザー?の方々が冷静かつ合理的な意思決定に基づいてホメオパシーを選択する機会が与えられているか否かです。

日本ホメオパシー医学協会のホームページのトップページには、

ホメオパシーを受けるものは、自由意志でホメオパシーを選択している。

とありますが、「自由意志でホメオパシーを選択している」と言えるための、大前提について述べていると考えて頂ければと思います。

ホメオパシーの選択が冷静かつ合理的な自己決定に基づくものと言えるためには、以下の条件が満たされていることが必要だと思います。反対に、これらの条件が満たされることなく、ホメオパシーを選択させられ、健康被害が発生した場合には、自己決定権の侵害として損害賠償責任等の法的な責任を問われうると考えます。

(1)客観的な根拠のないホメオパシーの効能をあたかも確かなものであるかのように宣伝、強調しないことです。
※ レメディーは食品でしかない以上、効果、効能を表示することは、薬事法や健康増進法等に違反することは言うまでもありません。

(2)相談者の抱えている「不安に答える」に先立ち、十分な情報開示を行うことです。

「不安に答える」ことを分析すると、2つの要素に分けて考えることが出来ます。すなわち、「原因の提示」と「解決手段の提示」です。

先ほど述べたとおり、客観的な根拠のないホメオパシーの効能をあたかも確かなものであるかのように宣伝、強調することは論外ですが、効能を強調、宣伝しないまでも、少なくとも、「原因の提示」と「解決手段の提示」を行うに先立ち、最低限度、

① ホメオパシーは科学的な根拠を欠くものであること、

② プラセボ以上の効果は認められていないこと、

③ ホメオパシーの健康保険適用が認められている国においても、あくまでも医師の治療を要しない軽微な症状についてのみ適用対象とされていること

は開示すべきと考えます。そして、説明の程度についてですが、客観的な根拠のないホメオパシーの効能をあたかも確かなものであるかのように宣伝、強調されている場合には、その宣伝を打ち消す程度の説明をすることが必要です。

特に重要なのは、情報開示は、「原因の提示」と「解決手段の提示」に先立って行われることです。

ホメオパシーの理論は、実質的には、「信仰」に他ならず、客観的な検証、論証が不可能なものであり、一度、信じ込んでしまうと離脱困難な性質を有するからです。また、代替療法において、当事者が当該療法の問題性を認識するための端緒は、多くの場合、症状の悪化ですが、ホメオパシーには「好転反応」という概念があり、いったん、ホメオパシーの理論を信じ込んでしまうと、症状の悪化をきっかけとした問題性の認識も出来なくなってしまうからです。

(3)科学的な根拠なく、現代医学に対する不信感、不安感を煽らないことです。現代医学を批判するな、検証するなと言っている訳ではありません。念のため。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

【我田引水は】ホメオパシーに対する英国政府の本当の姿勢【やめよう】

今更ですが、最近、朝日新聞がホメオパシー問題でいい仕事をしています。

「ホメオパシー」トラブルも 日本助産師会が事態調査

問われる真偽 ホメオパシー療法

ホメオパシー療法、信じる前に疑いを

代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む

特に、ホメオパシー療法、信じる前に疑いをは、良記事です。

あえて言います。あなたが自身の経験で「効いた」というのは、客観的な根拠には全くなりません。実は、放っておいても治ったかもしれない。ホメオパシー以外で受けている通常治療のおかげかもしれません。

実際に「効く」かどうかを確認するには、検証が必要です。

は、体験談がホメオパシー(健康食品等でもいい)の有効性を裏付ける根拠とはならないことを非常に平易に説明しています。

効果の検証は、医学の世界ではダブルブラインドテスト(二重盲検試験)という手法が、最上の手法とされています。「医学の世界」というと難しげですが、特に難しい理屈ではありません。

テストの原理は、患者さんに本当の薬と偽の薬を使ってもらい、効果を比較するものです。このとき、患者さんが「偽の薬だからどうせ効かない」とか「本当の薬だから効くだろう」と思うと、「病は気から」の原理で効くものも効かず、効かないものも効く、ことが起こりえます。

これを避けるために、患者さんには使う薬が本当の薬か偽薬かは言いません。さらに、お医者さんが「この人は薬を使っているから良くなるはず」と思っていると、実際よりも病気が良くなって見えるかもしれないので、お医者さんも、誰が偽薬を使っているか知らずに、テストを行います。患者さん、お医者さん双方が「本物か偽物か」を知らないので、ダブルブラインドというわけです。

という二重盲検法の説明にしてもとても分かり易いです。本当にいい仕事をしています。


Government Response to the Science and Technology Committee report(英国議会下院科学技術委員会のレポートに対する英国政府回答)THE HOMEOPATHIC NATIONAL RULES SCHEME BRIEF GUIDANCE FOR MANUFACTURERS AND SUPPLIERS (2006年9月の英国政府のホメオパシー規制)を読むと、


英国政府は、この規制により、ホメオパシーの対象範囲を軽度な症状に限定していること、

がよくわかります。これを翻訳するのは大変だと思っていたら、英国保健省は、ホメオパシーを軽度の症状に限定しているに見事な翻訳が掲載されていましたので、紹介しておきます。

ちなみに、英国保健省による規制のもとで販売承認できない症状の例として、

Bone diseases (骨の疾患) Cardiovascular diseases (心血管疾患) Chronic insomnia (慢性の不眠症) Diabetes and other metabolic diseases (糖尿病やその他代謝系の疾患) Diseases of the liver, biliary system and pancreas(肝臓や胆管系や膵臓の疾患) Endocrine diseases(内分泌疾患) Genetic disorders(遺伝的疾患) Joint, rheumatic and collagen diseases(関節やリューマチや膠原病) Malignant diseases(悪性疾患 [癌など] ) Psychiatric conditions(精神疾患) Serious disorders of the eye and ear(眼および耳の重度の疾患) Serious gastrointestinal diseases(重度の消化器疾患) Serious infectious diseases including HIV-related diseases and tuberculosis(HIV関連疾患や結核を含む重度の感染症) Serious neurological and muscular diseases including epilepsy(癲癇を含む重度の神経疾患および筋疾患) Serious renal diseases(重度の腎疾患) Serious respiratory diseases(重度の呼吸器疾患) Serious skin disorders(重度の皮膚疾患) Sexually transmitted diseases(性感染症) Treatment and Prevention of malaria(マラリアの治療および予防)

医師の監督の必要がない典型的な症状のリスト=ホメオパシーを使ってもOKな症状の一覧は以下のとおりですが、「重度」のものは除かれているので、治療しても治療しなくても自然に解決するもの、問題のないものにしか、ホメオパシーの使用が認められていないのがよく分かります。

Indigestion, heart burn, hyperacidity, dyspepsia, halitosis (bad breath) or flatulence(消化不良、胸やけ、胃酸過多、口臭あるいは鼓腸)
Colicky pain, stomach ache or nausea, occasional or non-persistent diarrhoea or constipation(疝痛、腹痛あるいは吐気、慢性でない下痢あるいは便秘)
Travel sickness or related symptoms(乗り物酔い、あるいは関連症状)
Minor skin infections, relief of pruritus or exanthematous rashes of childhood infection and boils, athlete’s foot(軽度の皮膚感染症、子供の感染症やおできによる軽度の掻痒や発疹の緩和、水虫)
Common colds, coughs, conditions commonly referred to as influenza and similar upper respiratory tract infections(普通の風邪、咳、インフルエンザや上気道感染症に見られる症状)
Minor acute inflammatory conditions of the buccal cavity and pharynx including sore throats(喉の痛みを含む、口腔および咽頭の軽度の急性炎症)
Muscular pain and stiffness including backache, sciatica, lumbago, fibrositis, rheumatic pain and cramp.(筋肉痛や、腰痛、坐骨神経痛、腰痛、結合組織炎、リウマチの痛み、痙攣を含む筋肉のこわばり)
Hay fever, rhinitis and catarrh.(花粉症、アレルギー性鼻炎、カタル)
Blocked-up sinuses.(鼻詰まり)
Headache including migrainous headache(偏頭痛をふくむ頭痛)
Neuralgia(神経痛)
Difficulties falling asleep(入眠困難)
Agitation, anxiety, irritability, nervous tension, stresses, strains, tenseness(動揺、不安、神経過敏、ストレス、緊張)

| | Comments (183) | TrackBack (0)

【養育費と】児童虐待 救出に立ちすくむ行政【父親の関与は?】

児童虐待 救出に立ちすくむ行政

 大阪市西区の養育放棄事件は衝撃的だ。幸せそうに子育てをしていた母親に何が起きたのか。現場の部屋の前で立ちすくんでいたのは児童相談所だけではなく、子育て支援の行政ではないか。

 暑い日が続く中、閉め切られたマンションに三歳の女児と一歳の男児が置き去りにされ、死亡した。エアコンは止まり、冷蔵庫は空だった。悲惨というほかない。

 死体遺棄容疑で逮捕された風俗店従業員の母親(23)は最初のうちは子どもの誕生を喜び、慈しんでいた。ブログには子煩悩ぶりをうかがわせる書き込みもあった。

 昨年五月に離婚し、女手一つで育児を始めて心境が変わったようだ。「ご飯をあげたり、お風呂に入れたりするのが嫌になった。子どもなんていなければよかったと思うようになった」と供述。ストレスを募らせ、現実逃避願望を膨らませていったとみられる。

 児童虐待は増加の一途だ。全国の児童相談所(児相)が昨年度に対応した相談件数は四万四千二百十件で過去最多に上った。社会の意識の高まりが背景にあるとされるが、深刻な数字だ。

 問題なのは、児相をはじめ病院や学校といった公的機関が、虐待が疑われる家庭に関与しながら子どもの死亡を防げなかった事例が目立つことだ。二〇〇八年度は六十四件のうち五割を超す三十五件がそうした事例だった。

 今度の事件でも、幼い姉弟が泣き叫ぶ異変に気付いた住民の通報で、大阪市の児相は五回も現場に足を運んだ。だが、誰が住んでいるのかさえ分からず、お手上げ状態だった。管理人に鍵を借りて部屋に入るとか手を尽くしていれば救えたのでは、と悔やまれる。

 児相には強制的に住居に立ち入ることができる権限はあるが、裁判所に許可を求めねばならず手続きは煩雑だ。虐待が立証できないときの責任を恐れて躊躇(ちゅうちょ)する現状もある。もっと臨機応変に人命救助に動ける仕組みが大切だ。

 虐待の理由には、望まない妊娠や出産、仕事と子育ての板挟みによるストレスなどが挙げられている。逮捕された母親も社会的に孤立を深め、精神的に追い込まれていたのではないか。

 緊急時に必要なのは行政の子育て相談や育児支援だ。母子家庭向けの保護施設に頼っていれば、ゆとりを取り戻し、虐待には走らなかったかもしれない。行政は待ちの姿勢ではなく、子育てを応援する制度を積極的にPRすべきだ。

2010年8月3日 中日新聞
-----------------------------------------

悲惨な事件です。母親に責任があることは疑う余地もありません。

様々な問題提起のされている論説ですが、

○ 元夫と子どもとの接し方、関係
○ 養育費の額は幾らか、きちんと支払われていたか

という視点(特に養育費のところ)が抜け落ちているのが気になります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【えっ?】英国政府は、ホメオパシーにプラセボ以上の効果がないことを認めつつも、保険適用継続を決定【プラセボに公費使うの?】

本年7月27日付で英国政府がホメオパシーに対する保険適用の継続を決定したようです。
Homeopathy remains on NHS (ホメオパシーは国営医療サービス事業の対象であり続ける)(原文英語)

ホメオパシー信者の方々がこの事実を曲解して、ホメオパシーが英国政府に認められたと吹聴して回ることは十分に予想されますので(※)、ブログで記事化しておきます。なお、レメディなるものが原物質を含まない「砂糖玉」でしかない以上、「信者」としかいいようがない、というのが私の立場です。

(※)例として、英国政府ホメオパシーの保険適用継続を決定お金儲けと情報操作何が正しくて何が正しくないのか

以下、重要な箇所の抜粋と翻訳です。翻訳は私が行ったものです。

(原文①)

The Select Committee on Science and Technology concluded that:

There is no evidence that homeopathy works beyond the placebo effect, which is a position that the Government agrees with.

(翻訳①)

英国議会下院科学技術委員会は以下のような、結論を出した。

ホメオパシーには、プラセボ以上の効果があるという根拠はない。この見解について英国政府は賛成する。

(原文②)

The Government has decided to continue to allow homeopathic hospitals and treatments to be received on the NHS, where local doctors recommend them.

It agrees that the efficacy of a treatment is important, but said there are many considerations when making policy decisions, and that patient choice is an important factor to consider.

“We believe that providing appropriate information for commissioners, clinicians and the public, and ensuring a strong ethical code for clinicians, remain the most effective ways to ensure quality outcomes, patient satisfaction and the appropriate use of NHS funding.

The Government also said that it noted the Committee’s view that allowing for the provision of homeopathy may risk seeming to endorse it, and that it would keep the position under review.


(翻訳②)

英国政府は、地元の医師が推奨する限りにおいて、ホメオパシー治療を行う病院やホメオパシー療法が国営医療サービス事業の対象となり続けることを決定した。

英国政府は、治療方法の有効性も重要であると考えているが、政策判断をするに際しては多数の検討すべき事項があり、患者の選択権は、考慮に入れなくてはならない重要な要素である。

英国政府は、国営医療サービス事業の監督官、臨床家及び一般公衆に対し、適切な情報を提供し、臨床家に厳しい倫理綱領を守らせることこそが、質の高い結果、患者の満足度及び国営医療サービス事業の財源の適切な使用を確保する最も効果的な方法であると考える。

英国政府は、また、「ホメオパシー治療に対する保険適用を認めることにより、ホメオパシーの有効性を英国政府が承認しているとの誤解を与えかねない」、という英国議会下院科学技術委員会の見解に留意し、今後とも、ホメオパシー治療に対する保険適用について検討していきたいと述べている。


(原文③)

The Government Chief Scientific Adviser has expressed his concern that the public may assume that NHS homeopathic treatments are ‘efficacious’, whereas the principal reason for their availability is to provide patient choice.

To enable the public to make informed choices, he will work with the Department of Health to ensure that the public has access to clear information on the evidence for homeopathy.

His position, as stated in the Government response, remains that “the evidence of efficacy and the scientific basis of homeopathy is highly questionable”.

(翻訳③)

英国政府主席科学顧問は、保険適用の継続を認めた主たる理由は患者の選択権の確保にあるにもかかわらず、一般公衆が国営医療サービス事業の提供するホメオパシー療法に効果があると思い込んでしまう可能性があるという懸念を表明している。

英国政府主席科学顧問は、一般公衆が十分に説明を受けた上でホメオパシー治療を受けるかどうかを判断できるよう、一般公衆がホメオパシーの有効性に関する証拠へのアクセスが保障されるように、保健省と協力する。

英国政府主席科学顧問の立場は、英国政府からの回答において述べられている内容、すなわち、「ホメオパシー療法の有効性と科学的な根拠に関する証拠は大いに疑わしい」という見解から変わるところはない。

(訳注:英国政府主席科学顧問は、科学庁(Government Office for Science)長官を兼務し、首相と内閣に対し、科学的、技術的な観点から助言する立場にある。


ホメオパシーの効果なるものが、プラセボでしかないことは、NHS(国営医療サービス事業)も、認めていますが、「ホメオパシーには、プラセボ以上の効果があるという根拠はないけれども、患者の選択権を保障するという観点から、保険適用を認めます。」という結論です。


自己決定権の尊重という論理は分からなくもありません。砂糖粒をなめたら病気が治るという「信仰」に殉ずる自由も多分あるのでしょう。愚行権という言葉もあります。

ただし、砂糖粒をなめたら病気が治るという「信仰」の実践に対し、国民の税金を使うことを正当し得ません。英国政府の対応は明らかに間違いです。

英国王室とホメオパシーの間に深い関係があるとか、諸々の政治的な思惑はあるのでしょうが、「信者」ではない第三者に対し、自らの信仰の実践のための費用を負担させることは明らかにおかしいです。極論かもしれませんが、この論理でいくと、加持祈祷を受けることについても、健康保険の適用を認めよ、という議論にもなりかねません。

同時に、自己決定権は大いに尊重されるべきですが、他人をその自己決定権に巻き込むことには自ずから制約があります。内心の信仰の自由は無制限に認められていますが、「布教」の自由は、他人の人権と衝突しますので、一定限度制約されることもあるのは当然です。少なくとも、「プラセボ以上の効果がない」にもかかわらず、あたかも効果があるかのように喧伝したり、ホメオパシーに傾倒する余り、自分の被保護者に医学的な治療や予防接種を受けさせなかったりした場合、その責任が追及されることはやむを得ないでしょう。

| | Comments (14) | TrackBack (1)

« June 2010 | Main | September 2010 »