« 京都精華大学国際マンガ研究センター 学術シンポジウム 「マンガ表現規制問題の根源を問う」 | Main | 漁船衝突:中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」 »

中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検「日中関係を考慮」

中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検「日中関係を考慮」

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害の疑いで逮捕、送検されていた漁船の船長セン其雄容疑者(41)を処分保留で釈放することを決めた。

 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

 今月8日の船長逮捕後、中国側は繰り返し抗議し、釈放を求めていた。

 船長は、7日午前10時55分ごろ、巡視船「みずき」が立ち入り検査のため停船を命じながら追跡した際、船のかじを左に大きく切ってみずきの右舷に衝突させるなどし、海上保安官の職務執行を妨害した疑いで逮捕されていた。

 石垣海上保安部は8日に船長を逮捕。石垣簡裁は29日までの拘置延長を認めていた。船長を除く乗組員14人は石垣港に停泊した中国船船内で同保安部から事情聴取を受け、13日に帰国した。

2010/09/24 14:52 【共同通信】

------------------------------------------

「えっ、漁船船長を勾留満期前に釈放?日本の検察庁は、第一審で無罪判決を受けて釈放された外国人についても、控訴審を維持するためという理由で平然と勾留請求する役所ですよ。勾留期限満了まであと一週間残っているのに釈放とは解せない。」と思っていましたが、そうですか、政治的な配慮ですか。

処分保留による釈放だと検察審査会への申し立ても出来ないんですよねぇ。不起訴処分ならともかく。いずれは、不起訴処分にせざるを得ないでしょうが、どんな理由で不起訴にするんでしょうか?まさか、起訴猶予?

|

« 京都精華大学国際マンガ研究センター 学術シンポジウム 「マンガ表現規制問題の根源を問う」 | Main | 漁船衝突:中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/49548217

Listed below are links to weblogs that reference 中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検「日中関係を考慮」:

« 京都精華大学国際マンガ研究センター 学術シンポジウム 「マンガ表現規制問題の根源を問う」 | Main | 漁船衝突:中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」 »