« 英語不要論で得するのは誰? | Main

安保法案を廃案にしても、安全保障の議論からは逃げられない

現在上程されている安保法案は、このままでは、憲法9条との関係で違憲の可能性が高いので、修正が出来ないのであれば、廃案にすべきです。

解釈改憲で集団的自衛権を認めることは、国家権力の行使を憲法により規制、抑制する立憲主義に反するからです。違憲と断定しないのは、安保法制を違憲と断定すると、論理的に自衛隊(冷静に考えれば、かなりウルトラCの「解釈」により合憲ということになっています。)までも違憲になる可能性があるし、憲法9条の文言上、自衛隊が合憲なら集団的自衛権を解釈で認めることも不可能ではなさそうなので(立憲主義の観点からは問題が多いです)、違憲とは断定できないからです。

しかしながら、安保法案が廃案になったとしても、集団的自衛権の導入、その他の防衛政策の見直しから逃げることが許される情勢ではありません。

前に、「戦争法案」というレッテル貼りは、反対派陣営の「議論力」の衰退の表れにも書きましたが、

「戦争が出来ない国」と「戦争をしない国」は違います。

「戦争が出来ない国」は「戦争に対応できない国」であり、「戦争の当事者にならない国」ではありません。

「勝てる戦争ならOK」と考える国が存在する現状では、「戦争に対応できない国」の方が、戦争に巻き込まれやすいのは自明です。

この理屈は、小学生でも分かることです。

なのであり、平和を守るためには、「戦争」に対処できる能力が必要なのです。

現実的な対応は、9条2項を削除し、集団的自衛権のあり方についての議論をやりなおすことです。

日本国憲法の核心は、多数決によっても犯し得ない権利を保障し(人権規定、違憲立法審査権)、多数決に敗れた少数派が将来多数派となる可能性を保障していること、憲法の枠組み自体を多数決原理から守っていることにあります(硬性憲法)。憲法9条の規定する安全保障は、国防政策の問題であり、時代の変化に応じて、多数決で決定し、修正の必要があれば、再度、多数決で修正すれば済む話です。

問題は、安倍政権が、立憲主義のイロハも分かっていないような復古主義的な改憲案を示し、国民に改憲に対する不信感を醸成したことです。そのため9条2項削除も難しくなってしまいました。安倍政権が国益よりも自身の復古主義的なイデオロギーを優先したことは許し難いものであると考えています。

|

« 英語不要論で得するのは誰? | Main

Comments

Hello Lower Lawyer.

名無しさんへわたくしのE-mailです。

lalive305@hotmail.co.jp

このたび
日本の化粧品会社「資生堂」に対しまして刑事告訴ををすることになり、それに加えて犯罪者弁護士紀藤正樹と山口貴士の犯罪行為もいもづるしきにあきらかになりますしね。
自業自得ですよね。

取材その他はどうぞこのE-Mailアドレスへ。、第二東京弁護士会の不正職務怠慢さも明らかになるでしょうし、東京弁護士会は山口貴士の犯罪行為の結果はまだ出していませんが、、日本国中にも弁護士に寄る犯罪を暴露したいので出版社を探しています。其の情報もあれば、、、、。

Posted by: 山口貴士は犯罪者 | September 14, 2015 at 01:19 PM

Hello Lower Lawyer。

こういう種類の弁護士とは、得てして自身の情報と称して何かの丸写しを平然とまるで考えたように記載したがりますけどね。魔モトな箇所はどこにもなく、、読む価値はございませんのよ。なにしろ自分の犯罪行為を隠しての記載分ですから、実在名をだされたほは、「おまえがいうな、」、と、、まともな弁護士姿勢ではないものが、寝言次元ですよね。

この山口貴士、「安保」の日本語の意味すら理解不能でしょうしね。最近のニュースをいかにも自分には考えがあるようなふりだけは一人前、自身の弁明書がそれを物語っていますから、、そうそうそういえば大阪弁護士会の底抜けの間抜け次元ごしょうかいしましょうかね。やはり簡単な矛盾も理解できず、、日本国の弁護士の質の貧弱さ改めてかんじまhしたわよ。、

其の大阪弁護士会の壇俊光にも懲戒処分を、、よくぞそんな程度で弁護士会を名乗れるものだと、
●たとえば壇俊光は遠隔操作犯罪弁護士とは大学時代の後輩という間柄、、そしてお互いのBlogにて交友関係的な文字をしるしながら、、

●いつのまにか、壇俊光は、紀藤正樹とは懇意ではないと紀藤正樹から逃げる発言をしたと大阪弁護士会が、、がく~~~。なぜゆえに、紀藤正樹を知らないと言いたいのか? 

●ひとつ々矛盾点を書き並べないと自分が作成した結果報告のほころびの穴さえも見つからない程度が大阪弁護士会、、

●普通に考えて壇俊光弁護士が真っ白な立場であれば、なにも紀藤正樹とは知らぬ存ぜぬだと言わなくてもいいわけ、

●紀藤弁護士と自分は大学の先輩後輩立場ですが、それがなにか?と、、逃げる必要もないですしね。

●要するに大阪弁護士会では紀藤正樹の犯罪行為は事実とみとめているからこその、壇俊光の逃げ足的な文章になり、、

●逃げ足だけは早い程度の弁護士と自分で公表したのと同じですね。

●大阪弁護士会も職務怠慢、早くこのケースからのがれたいが、矛盾点満載の結果報告書にて証明、、日本の弁護士会なんてそんな程度まもとな弁護士会がいくつあるのか? ぎもんですわよ。

弁護士壇俊光にも「この世に犯罪者弁護士紀藤正樹は確かに存在している、だからこそそんな弁護士と知り合いだといわれたくないから、、懇意ではない」と、、大阪弁護士会につたえたとさ、、そして大阪弁護士会もそれを鵜呑みにして、Blog先さえも調べない手抜き調査、、はた迷惑な問題を犯す弁護士とは早く燕をきりたいのはわかりますけどね、、大阪弁護士会の次元も低かったのは事実でした。

大阪弁護士界の作成書でまたひとつ紀藤正樹の犯罪行為が100%立証となりました。
わたくしを其の程度でだまらそうなんて、あなた100億年早いのよ、大阪弁護士会の松葉一典印鑑付きで、わざわざ自身が其の程度の弁護士力と、、ご苦労さんとでもいいまhそうかね、

Posted by: 弁護士山口貴士は犯罪者 | September 14, 2015 at 01:46 PM

さてさて日本の進出企業資生堂社はアメリカ国内でも告訴されればにゅーすにもなりますし、日本の企業ですから日本内でもにゅーすになるでしょうね。其の被害者がこのわたくしです。

取材を受けたら、日本国の現役弁護士による遠隔捜査事件にもつながることを述べますわよ。そして犯罪者弁護士は地獄に自らの言動で落ちていくのみ、そしていもづるしきに山口貴士も、、自らの言動で、破滅の道へ、、
逆ギレをしてくれてありがとうと申しておきますわよ。犯罪者紀藤正樹と犯罪者山口貴士の「正体」が時期に判明致します。自業自得、、へ~~大阪弁護士会所属の団俊光は紀藤正樹なんぞはほぼしらないそうだ、、、、
日本国の皆さま、、弁護士なんてこの程度よ、、じh心の器が小さいのは重々承知、だからこそ先生なんて呼ばれると、自分の其の小さい器をお盆に見せるために、、見栄を張り、、ここに其の見本弁護士がいるあじゃない、、器は小さいけど、裏の顔はデカイ、、それをひた隠しにしている無能弁護士が、、1匹、、。、


Posted by: 弁護士山口貴士は犯罪者 | September 14, 2015 at 01:56 PM

弁護士ほど、あてにはならない職業者はこの世にはいません。

A
市民を欺き、同業者に多大な迷惑をかけても何も感じない冷酷卑劣な弁護士と、それをかばい合う山口貴士らも犯罪者だと覚えておけば、3重の被害を免れるでしょう。

B
弁護士に依頼する時には録音テープを持参して、録音はOKですよね?と、もしそれを拒否する弁護士は信用してはいけません。最後までまっすぐな姿勢で被害救済側でいられうか、それを録音することは弁護士の姿勢がまっすぐかどうかの証明にもなりますから拒否はありえません、虚歩するようね弁護士は途中から依頼事項を変更するものと覚えておきますし。

C
筋が1本であれば「どんな状況になろう共自分は皆さんを裏切りません」とう証拠が録音ですから。遠隔弁護士のようにあぐら牧場弁護団長を名乗りながら、都知事選に立候補するような弁護士は信用には値しないとわすれないこと、都知事なんぞは分きざみのスケジュール、どこにあぐら弁護団長としてのタイムが取れるかなんぞは小学生でも理解可能、

D
それをこの男には理解不能、名誉欲だけに目が血走り、簡単な矛盾さえも理解できず、、どこが救済側の姿勢だ、、でしょうが、この男はすでに犯罪者、この男に被害者を救済したいなんていうのは一ミリタリともありません、

E
被害者などは全部自身の名誉邁進のための道具でしかない、あぐらケースひとつみてもそれは100%証明しているように、、それを所長と慕う山口貴士も同類です。、「弁護士≒詐欺師」と覚えて損は無い、ここにその証明をした弁護士が存在しているように、、。

F
あぐら被害者の方にはお気の毒でしたね、道具にされたことを後から知り高額な依頼費用をまんまとうばわれて2重の苦しみしか残らず。、詐欺にあったのも同然でしたね。

G
とかく有名な弁護士といわれる立場などは、絶対に信用してはいけません。後から自分たちは欺かれていたことを知っても、もはや後の祭りですから、、


H
とにかく資生堂刑事告訴時に取材を受けることがあれば、このケースには日本の現役弁護士による遠隔操作事件の被害者でもあると告発いたします。そして日本の弁護士会の次元の低さもその時点で判明ですしね。

I
わたくしの頭脳にまさる立場は、この世には存在していません。法を守るべき弁護士がこの程度ですから、、、。では日本の皆さま、、日本国の弁護士としての「犯罪者」をしかと見ていてくださいませ。ではごきげんよう。


Posted by: 弁護士山口貴士は犯罪者 | September 14, 2015 at 02:20 PM

Hello 偽善者

東京弁護士会を欺いたいた男、それがこの山口貴士、粗末な弁明書で東京弁護士会を騙し、しらぬぞんぜぬと逃げだしはいいけど今度は当地の連邦職員窃盗事件に、関わるたちばとは、、さて紀藤正樹は遠隔捜査などはしてないという側ですよね、

では連邦政府職員の前でも自分の犯罪行為が無実だと証明できるとい意味ですから、是非自身のPCを持ち込んで、その証明をしていただきますわよ。日本国弁護士界が一丸となり紀藤正樹の犯罪を隠蔽しても、アメリカ国ではそうも行かず、、それに山口も紀藤正樹の遠隔操作を手伝った以上はあなたもその証明を連邦政府職員のまえで証明できるといういみよね、是非お手並み拝見ですわ、、

偽善者2匹が繰り広げる無実とやらの証明、連邦政府もさぞかし知りたいでしょうしね。このケースは日本国でもニュースになりますわね。山口たかhしが欺いた立場

東京弁護士会
親兄弟がいれば、
弁護士仲間

子供がいれば、お気の毒

紀藤正樹が欺いた立場

第二東京弁護士会
日弁連
宇部市民
大阪大学
親兄弟がいれば、、
妻がいれば、、
子供がいれば、、
TVビジネス関係者
こんな腐った男に入れあげるファン達
ですかね?

わたくしと紀藤正樹は
「被害者と加害者」と言う立場のみです。それ以外の関係は過去にも今後一切ございません。アメリカ国で遠隔操作などはないと証明できるという意味の弁明書ですから、自身のPCを持ち込んでくるんでしょうね。さてそれには何がでてくるのか? みものですわね。

Posted by: 弁護士山口貴士は犯罪者 | September 22, 2015 at 03:48 PM


山口貴士弁護士に大いに語っていただきたい

Posted by: 澤田 敬光 | January 23, 2016 at 07:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76601/62191979

Listed below are links to weblogs that reference 安保法案を廃案にしても、安全保障の議論からは逃げられない:

« 英語不要論で得するのは誰? | Main