Posts categorized "イベント告知(カルト以外)"

◆公開シンポジウム のお知らせ 「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」

コンテンツ文化研究会のブログより転載(リンクについては、一部、こちらで追加。)
----------------------------------------------------------
◆公開シンポジウム のお知らせ
「日本と諸外国における創作表現の規制の現状と課題」

日本の漫画やアニメといったコンテンツは強い訴求力と発信力があります。
その魅力については今更語るまでもないでしょう。
ただ、その魅力の大きさゆえに問題視される事や思わぬトラブルや誤解を招く事は珍しくありません。
「創作表現は原則自由であるべき」と当会は考えますが、こうした事態が頻発するのは漫画文化の発展に必ずしも良い影響を与えるとは言えないでしょう。

今回のシンポジウムは海外の各地域ごとの規制の状況や問題点を現地の専門家にお話していただき、様々な観点から世界各国における創作表現の自由、また日本におけるに創作表現の自由について改めて考えてみようと思います。

海外の情報を直接聞ける貴重な機会かと思いますので、表現規制現問題やコンテンツの海外展開に関心のある方は是非ともご参加ください。

日時: 2012年5月18日(金)18時30分~
会場: 日比谷文化会館 日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1番4号)
定員: 180名(先着順・予約必須ではありませんが、定員を上回った場合は予約している方を優先させていただきます)
参加費: 無料

登壇者:(敬称略)
Charles Brownstein (CBLDF Executive Director)
Patrick W. Galbraith (「The Otaku Encyclopedia)著者」
林君和 (台湾アニメ情報誌「FRONTIER」編集長)
Rujirat Vinitphol (東京大学大学院学際情報学府博士課程)
森川嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)
藤本由香里(明治大学国際日本学部准教授)
山口貴士(弁護士:リンク法律事務所)

主催:コンテンツ文化研究会
協力:NPOうぐいすリボン

参加のお申し込みはこちらから
----------------------------------------------------------

CBLDF=Comic Book Legal Defence Fundについての一言の説明は、我が畏友にして、オタク関連の通訳、翻訳の達人である兼光ダニエル真氏(イベント当日も通訳として大活躍の予定。)のツイートを参照して下さい。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

121関連ファンド被害対策弁護団結成のお知らせ

FX運用資金を流用か、香港の投資会社 被害は200億円?

2010.10.27 02:00 産経新聞

 外国為替証拠金取引(FX)で運用し、月利3%以上の配当が得られるなどとして出資金を集めた中国・香港の国際投資事業会社が、運用資金をグループ企業の事業に流用していたことが26日、関係者への取材で分かった。グループ傘下の代理店が日本国内で組織的に出資者を勧誘し、被害額は200億円になるとみられる。現在は元金の返還にも応じていない状況が続いており、国際的な大型詐欺事件に発展する可能性が出てきた。

 出資者から被害相談を受けた東京弁護士会所属の弁護士は被害対策弁護団を結成。一部の出資者は投資会社やグループ企業、代理店への損害賠償請求の準備を進めており、詐欺罪や横領罪などでの刑事告訴も検討している。

 問題の投資会社は、香港に法人登記がある「121インターナショナル・インベストメント・リミテッド」。関係者によると、同社は自社で開発したFX自動売買ソフトを利用した資金運用により、複利が元本に毎日加算され、月利3%以上の配当が恒常的に得られるなどと説明し、日本国内にある複数の代理店を通じて多額の資金を集めたとされる。

---------------------------------------------------

121関連ファンド被害対策弁護団結成のお知らせ

 弁護団員のメンバーは以下のとおりです。

弁護団事務局事務所 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階

あおい法律事務所(HP) メールmail@121fund-higaibengodan.com

〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
代表弁護士 荒  井  哲  朗

〒102-0083
東京都千代田区麹町4-2 第2麹町ビル2階
リンク総合法律事務所(HP
弁護士    山  口  貴  士


〒104-0061 
東京都中央区銀座2-5-7 GM2ビル6階 
西銀座法律事務所(HP
弁護士    島     幸  明


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
弁護士    白  井  晶  子


〒100-0012 
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階 あおい法律事務所(HP
弁護士    太  田  賢  志


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階 あおい法律事務所(HP
弁護士    佐  藤  顕  子


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
弁護士    五  反  章  裕

| | Comments (5) | TrackBack (0)

GFSホテルファンドHOPE被害対策弁護団結成のお知らせ

【ラブホファンド】詐欺的実態に投資家懸念も

2010.10.23 00:37 産経新聞

 ラブホテルを投資対象として高利回りをうたい、巨額の資金を集めた投資関連会社「グローバル・ファイナンシャル・サポート」(GFS)のファンド「HOPEシリーズ」の資金運用が実質的に破綻(はたん)していることが22日、明らかになった。同シリーズは、不況下でもまたたく間に6千人超の出資者を集めたことが話題となり、テレビや経済誌などでたびたび取り上げられた。だが、運用方法や資産管理には不透明な部分が多く、投資家の間では詐欺的な実態を懸念する声も広がっていたという。

 「レジャーホテル(ラブホテル)市場は年間2~3兆円の売り上げがある。景気に左右されにくく、投資対象として非常に魅力ある商品だ」。GFS前社長、品野修三氏は雑誌のインタビューなどで商品価値をアピール。平成16年以降、同シリーズのファンドを次々に作り、当初は順調に配当が出され、元本の満額償還も実現した。

 同社側は、他の宿泊施設に比べて客室の回転率が高いことや、設備投資に対する利回りが大きいなどの利点を上げ「ラブホテルは脱税の温床のようにみられていることもあってイメージは良くないが、収益率は45%と驚異的な数字で安定している」と強調していた。

 GFSのホームページによると、同社は14年に設立され、19年9月までに計11のファンドで出資者を募った。東北、関東、中部地方のラブホテル20棟を買い取って運用し、運用総額は約125億円。出資者の4分の1は女性だった。

 ところが、投資関係者によると、今年8月末に満期を迎えた「HOPEラスト」の出資者に対しては「元本割れ」を一方的に通知。運用期限になっていない他のファンドでも、中途解約の停止や分配金の遅延が突然通知され、運用破綻が表面化したという。
-----------------------------------------------------

GFSホテルファンドHOPE被害対策弁護団結成のお知らせ

 最近、レジャーホテル(いわゆるラブホテルのことです)への投資が関心を集めています。
 グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社(GFS)が募集している「HOPEシリーズ」(HOPE○○という名称がつきます)が破綻し、「HOPEシリーズ」に出資している投資家から被害回復等の手続をとることに関する問い合わせが多数寄せられたため、集団的に損害賠償請求等の被害回復手続を受任して追行する弁護団を組織することとにしました。

 弁護団員のメンバーは以下のとおりです。

弁護団事務局事務所
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP) メールmail@121fund-higaibengodan.com

〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
代表弁護士 荒  井  哲  朗

〒102-0083
東京都千代田区麹町4-2 第2麹町ビル2階
リンク総合法律事務所(HP
弁護士    山  口  貴  士


〒104-0061 
東京都中央区銀座2-5-7 GM2ビル6階 
西銀座法律事務所(HP
弁護士    島     幸  明


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
弁護士    白  井  晶  子


〒100-0012 
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階 あおい法律事務所(HP
弁護士    太  田  賢  志


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階 あおい法律事務所(HP
弁護士    佐  藤  顕  子


〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
あおい法律事務所(HP
弁護士    五  反  章  裕

| | Comments (1221) | TrackBack (0)

【イベント告知】サムライの会プレゼンツ第三回 「これでいいのか!?名誉毀損裁判」

サムライの会プレゼンツ第三回
これでいいのか!?名誉毀損裁判
権力の腐敗を追及するジャーナリズムにとって名誉毀損裁判は付き物。近年この損害賠償額が高額化され、それを利用した大企業や団体による訴訟が相次いでいる。自由な言論はどのように裁かれるべきなのか?数多くの訴訟と闘ってきた元『週刊現代』編集長・加藤晴之氏、訴訟の濫用を禁じた米国の「反SLAPP法」に詳しい国際ジャーナリストの大野和基氏、裁判の実際に関わってきた弁護士の山口貴士氏をお招きして、訴訟社会となった日本の現状に警鐘を鳴らす。
【司会】山田直樹(ジャーナリスト)
【Guest】大野和基(国際ジャーナリスト) / 加藤晴之(元『週刊現代』編集長) / 山口貴士(弁護士)
【日時】2008年5月18日 OPEN18:30 / START19:30
    予約 / 当日¥1,500(+1drinkから)

出演者・プロフィール
山田直樹(やまだ・なおき)氏
フリージャーナリスト。1957年生まれ。文庫本編集者、週刊文春記者を経て独立。週刊新潮に連載した「新『創価学会』を斬る」が「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を受賞。

大野和基(おおの・かずき)氏
国際ジャーナリスト。1955年兵庫県西宮市生まれ。東京外語大英米学科卒業後、1979年渡米。国際情勢の裏側や医療問題に関するリポートを発表する。アエラ、週刊文春、サピオ、週刊ポストなどで活動中。

加藤晴之(かとう・はるゆき)氏
元『週刊現代』編集長。1955年大阪生まれ。80年東京大学文学部卒業。06年2月から08年1月まで『週刊現代』の編集長を務める。細木数子と暴力団の交際疑惑、大相撲の八百長疑惑、JR東日本革マル問題、などのスクープを連発。

山口貴士(やまぐち・たかし)氏
1976 年生まれ。2001年10月弁護士登録。2003年10月からリンク総合法律事務所勤務。元々、わいせつ表現、有害情報の規制、著作権、パブリシティー、名誉毀損等、表現の自由に関する問題に強いこだわりと関心を持っていたところ、消費者被害、宗教被害の救済に取り組む中、批判封じの手段として名誉毀損が濫用されているのではないかとの危惧感を抱くようになった。日英バイリンガル。コミケ歴15年。

当店にて電話予約受付中。
【問】Naked Loft 03-3205-1556(16:30~24:00)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=140721

| | Comments (16) | TrackBack (0)

【イベント告知】【シンポジウム】長井健司さん殺害に抗議して 「最前線ジャーナリストの真実」【長井健司さん】

知人の依頼で掲載します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
長井健司さん殺害に抗議するシンポジウムの開催に関する告知です。

当日は、Q&AやAPF通信社からの状況説明、
当会事務局からの署名活動説明も予定。
戦場や中朝国境など最前線のジャーナリストが集結し、
今回の長井さんの事件について、
様々な視点から討議する貴重な機会です。

2007年12月1日(土)12時30分~14時30分
(開場12時00分)

日本記者クラブ(日本プレスセンタービル)10階ホール
千代田区内幸町2-2-1
入場無料・当日受付(先着150名まで)

【パネリスト】
山路徹(ジャーナリスト、APF通信社代表)
石丸次郎(ジャーナリスト、アジアプレス大阪事務所代表)
高世仁(ジャーナリスト、ジン・ネット代表)

主催「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」 

〒1060032
港区六本木7-8-25永谷リュード六本木306  
TEL 03-3746-0065
nagaikenji20070927@mail.goo.ne.jp(メール)

参加希望の方はできましたら
事務局までお名前を事前にメールしてください。
メールがないと、当日人数超過の場合のみ、
席数の都合で入れないこともあります。

長井さんのカメラとテープの返却を求め
署名活動をしています。
署名フォーム(クリック→)

携帯電話はこちら(クリック→) 
署名フォームはhttps使用のため、
セキュリティアラームがでますが
安全上の問題は何もありませんので、
先に進んで署名してください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【宣伝】【癒しのコンサート】9条がんばれ!弁護士と市民が集う"第9"コンサート

■9条がんばれ!弁護士と市民が集う"第9"コンサート


2006年9月26日(火)   
開場 午後6:30  開演 午後7:00
  
文京シビックホール 

都営地下鉄大江戸線/三田線「春日」駅(文京シビックセンター連絡通路徒3分)
地下鉄丸の内線「後楽園」駅下車徒歩3分、地下鉄南北線「後楽園」駅下車徒歩3分
JR総武線「水道橋」駅下車徒歩8分

チケットの申し込みはこちら→

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【イベント告知】異世代ミーティング「憲法改悪をはねかえそう!」

12月23日 異世代ミーティング「憲法改悪をはねかえそう!」に出演することになりました。

「平和憲法を守るためにたたかっている」という自覚はあまりありませんし、「左翼」であるという自覚も全くありませんが、私は憲法改正は不要であるという立場です

従来の護憲論とは少し色合いの違う、プラグマティックな観点からの護憲論を展開するつもりです。師走の忙しい時期ですが、是非ともご参加下さいますようお願い申し上げます。

▼日時:12月23日(金)15:00~18:00(忘年会は18:30~予定)
▼会場:下北沢らぷらす11F研修室(小田急線・京王井の頭線下北沢駅徒歩5分)(地図
▼発言:きくちゆみ(グローバルピース・キャンペーン)
     中原大弍(ピースボート)
     八尋麻子(「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」共同事務局長)
     山口貴士(弁護士 リンク総合法律事務所
     保坂展人(衆議院議員)
▼参加費:500円(会員300円)
▼問合せ:保坂展人事務所 TEL03-5477-7377

| | Comments (1) | TrackBack (0)