Posts categorized "学位商法問題"

【学位商法】全大学教員対象、海外から授与された「ニセ学位」実態調査【イオンド大学】【ディプロマミル】

全大学教員対象、海外から授与された「ニセ学位」実態調査

教育活動の実態がないにもかかわらず、大学として博士号などのニセの学位を授与する海外の団体が増えているとして、文部科学省は、ニセの学位を持つ大学教員の実態調査に乗り出した。

 対象は国公私立すべての大学で、同省では、秋ごろに結果をまとめ、公表したいとしている。

 同省が「ニセ学位」を授与している疑いがあるとしているのは、アメリカ、中国、イギリス、オーストラリアに所在地を設定しているが、それぞれの国から大学と認定されていない団体。国内の各大学に対して、教員がこれらの団体が授与した学位を経歴に使用していないかや、この学位を基に採用されたり、昇進したりしていないかを尋ねる。

 同省によると、アメリカでは、大学と名乗る団体で取得した学位を就職などに悪用するケースが相次いでおり、こうした団体は「ディグリーミル(学位工場)」と呼ばれている。国内でも、国会などで、ニセ学位とみられる学位を持つ大学教員の存在が指摘されていた。

(2007年7月23日13時52分 読売新聞)

-----------------------------------------------

 文部科学省もニセ学位問題の解決に向けて動き出したようです。
 ニセ学位問題は、大学教員が箔付けのために使われるだけではなく、悪徳商法や詐欺的な商法における権威付けの小道具としても「活用」されていますから、経済産業省なり、警察庁も是非とも対策に関与して欲しいところです。典型的な例としては、


 ニセ学位問題の根絶のためには、ニセ学位を使用している大学関係者について調査をすることは勿論、供給元のディプロマ・ミルに対する対策も必須だと考えます。
 さしあたり、
 研究開発支援騒動ディレクトリReaD
 
 のキーワード検索を用いて調べるとすぐに分かります。例えば、「イオンド大学」とか、「国際学士院大学」、「パシフィックウェスタン大学」のようなディプロマ・ミルの名前を入れて検索をして見て下さい。 えっ、あの大学の先生が!というような有名大学の先生の中にもディプロマ・ミルから博士号を買っている人はいるものです。

(ReaDを使用して調べて見た一例)

早稲田大学 教育・総合科学学術院教授の岩淵匡氏 ⇒ 国際学士院大学から文学博士号東京理科大学 経営学部経営学科教授の土屋唯之氏 ⇒ イオンド大学から文学博士号
龍谷大学短期大学部社会福祉科教授の萬代愼逸氏  ⇒ イオンド大学から名誉博士号
奈良産業大学情報学部情報学科教授の花岡永子氏 ⇒ イオンド大学から名誉博士号
埼玉学園大学経営学部教授の西田義和氏 ⇒ イオンド大学から文学博士号
等などたくさんいらっしゃるようです。

(ディプロマミル問題に関する参考サイト)

学歴汚染(ディプロマミル・ディグリーミル=米国型学位商法による被害、弊害)

ディプロマミル(学位販売業者)対策に認定校データベースを公開


(拙ブログのバックナンバー)

イオンド大学の学位商法

【続】イオンド大学の学位商法

【イオンド大学】“ニセ学位”販売横行 文科省が「安全リスト」作成へ【学位商法】(ディプロマミル問題に関する参考サイト)

学歴汚染(ディプロマミル・ディグリーミル=米国型学位商法による被害、弊害)

ディプロマミル(学位販売業者)対策に認定校データベースを公開


(拙ブログのバックナンバー)

イオンド大学の学位商法

【続】イオンド大学の学位商法

【イオンド大学】“ニセ学位”販売横行 文科省が「安全リスト」作成へ【学位商法】

【イオンド大学】ザ・グレート・サスケさん、広告塔にはならないでね・・・。【学位商法】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【イオンド大学】ザ・グレート・サスケさん、広告塔にはならないでね・・・。【学位商法】

サスケ氏明言「政界復帰なし」

 岩手県知事で惨敗を喫したザ・グレート・サスケ氏(37)が選挙から一夜明けた9日、盛岡市内で今後について〈1〉大仁田厚参院議員(49)の下で出直し修行〈2〉プロレス専念〈3〉UFO研究家として再出発、と3つの可能性を口にした。政界復帰については「ありません」と完全否定した。

 〈1〉については大仁田氏の呼びかけに応じたもので「うれしい限りです」と歓迎し「岩手のためになるならやります」と快諾。〈2〉については「私は生涯プロレスラー。県議をやっている間は出来なかったことまで範囲を広げる」。〈3〉については法人の「イオンド大学」からUFOの実態を解明する「名誉教授」就任のオファーが届いており「書類に名前を書いて提出する」という。名前に「大学」とあるが文科省には認められていないという。

(2007年4月10日06時02分 スポーツ報知)

--------------------------------------------------

イオンド大学は、現在、社会問題として注目されるようになっているディプロマ・ミルの典型的な一例です。

大体、イオンド大学なんていうディプロマ・ミルの名誉教授の称号をありがたがっているようでは、世間の情勢に疎いということを半ば自白しているようなもので、みっともないですし、仮にも、岩手県民の代表者であった人物が、学位販売業者の広告塔として使われるようなことがあってはなりますまい。

現在のところ、UFOが宇宙人の乗り物だという確実な証拠は存在しないようですが、将来的には、見つかるかも知れませんし、あるいは、UFOが宇宙人の乗り物ではないという結論が出たとしても、それはそれで、重要な結論ですが、UFOの研究をされるというのは、結構なことですが、研究する場(?)は選ぶべきでしょう。


(参考図書)-イオンド大学-についてより詳しく知りたい人向け。

グーグル八分とは何か

名著です。らあめん花月のフランチャイズチェーンを展開しているグロービートジャパンの経営陣や資本関係などの背景事情にも詳しいので、そちらに関心のある方もどうぞ。

(ディプロマミル問題に関する参考サイト)

学歴汚染(ディプロマミル・ディグリーミル=米国型学位商法による被害、弊害)

ディプロマミル(学位販売業者)対策に認定校データベースを公開


(拙ブログのバックナンバー)

イオンド大学の学位商法

【続】イオンド大学の学位商法

【イオンド大学】“ニセ学位”販売横行 文科省が「安全リスト」作成へ【学位商法】

| | Comments (1) | TrackBack (1)

【イオンド大学】“ニセ学位”販売横行 文科省が「安全リスト」作成へ【学位商法】

☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆
イオンド大学創立者である黒須英治(中杉弘)氏の証人尋問が行われます。
【黒須英治】グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の公判のご案内【中杉弘】

2007年5月25日 午後3時半~4時半 東京地方裁判所428号法廷
           書証の関係や更新手続きなどの手続き
2007年6月18日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問 
2007年6月19日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問
☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆


“ニセ学位”販売横行 文科省が「安全リスト」作成へ

ほとんど実体のない米国の大学の学士号や博士号などを“販売”する「学位商法」について、文部科学省が対策に乗り出す。米国では数年前から「ディプロマ・ミル」(DM=学位工場)と呼ばれ社会問題化。日本でも経歴覧で博士を名乗って商法に利用するなど問題が出始めた。校名や住所を頻繁に変えるためブラックリストでは対応が難しく、文科省はユネスコ(国連教育科学文化機関)と連携して正統な学位を出す大学を紹介する「ホワイトリスト」を作成する方針だ。(池田証志)

 DMから「学位」を取得するのは簡単だ。

 名前や住所、経歴などを記入した申込書を大学あてに郵送し、数十万~百数十万円を指定口座に振り込むだけ。社会経験や資格を単位認定して授業を省略、あっという間に取ることができる。

 中には数十枚の論文提出や数回分の通信教育など、「独自の基準」で学位を出すところもあるが、文科省には当然、認められていない。

 「正統な学位と混同し、高い授業料を払わされる被害者もいるが、偽学位で箔(はく)を付けてビジネスやキャリア上の利益を得る確信犯がほとんど」。DMに詳しい東京大学教育学部長の金子元久教授はこう話す。

 博士を名乗って健康食品を販売したり、経歴欄に記載して就職を有利にするなど「詐称・詐欺的行為」に利用されることもある。「法の華三法行」の福永法源元代表も博士を名乗っていた。

 DMをブログ「学歴ネット」で追跡している静岡県立大学の小島茂教授は「日本でもDMの博士号保持者は大学教授、経営者、カウンセラーなどさまざまな職種におり、『広告塔』となっている著名人もいる」と指摘。3年間で200件以上の相談が寄せられたが、「氷山の一角」という。

 米国では数年前、DM学位を名乗る要人が公職追放されたり、それを悪用した業者が摘発されたりするなど社会問題化した。

 米国の正統な大学は通常、教育機関として州認可を受けた上で政府公認の認定団体から適格認定を受ける。これに対し、DMは「○○大学」という法人を州に届け出るだけで非認定だったり、認定団体を勝手に作り自らを認定したりする。非認定でもまともな大学もあるが、例外的だという。

 キャンパスがなく、主にインターネットで運営するDMも少なくない。日本校は事務所だけ、米国の住所はオフィスビルの一角や郵便受けだけというケースも。

 金子教授は「DMは教育の国際化、自由化、ネット化のすき間につけ込む詐欺集団。学位取得も自己責任の時代」という。

 事態を重く見たユネスコは昨秋、「質の低い教育や不当な提供者から学生を保護するガイドライン」を策定。安全な大学を紹介する「ホワイトリスト」約20カ国分をホームページで公表する計画を進めている。文科省も「法の境界線で活動するDMに網をかけられる」として、日本の認可大学のリストを整備し、来年中にユネスコに通知する予定だ。

【用語解説】ディプロマ・ミル(DM)

 学士号など学位の販売を目的とする米国の業者。学位工場。ディグリー・ミルとも呼ばれる。代金を振り込むだけで学位証明書を発行する業者もある。「数週間で学位が取れる」をうたい文句にし、学位取得までの期間が短かったり、通学の必要性がなかったりする所も。米国で延べ700校、日本で50校あるとされ、詐欺行為を誘発するとして米国で社会問題となっている。

産経新聞 (2006/12/10 14:45)
--------------------------------------------------------------

「学位商法」、「ディプロマ・ミル」と聞かれた場合、まず、私が思いつくのが「イオンド大学」です。イオンド大学の設立者/総長は、カルト的団体である日本平和神軍の教祖でもあり、らあめん花月で世に知られるグロービートジャパン株式会社の元オーナー、現大株主である黒須英治氏。

イオンド大学は、無事、ユネスコの「ホワイトリスト」に掲載してもらえるのでしょうか?
もらえなかった場合、「ユネスコのお墨付きなんぞいらない!」などと開き直るのでしょうか?
それとも、陰謀論を展開するのでしょうか?

どのような、反応を示すのか、非常に楽しみではありませんか!

(フジテレビの番組)
12月17日(日)16:00~17:25 「FNN特命取材班『報道A』」

(文部科学省の発表)
「ディプロマ(ディグリー)・ミル」問題について

(関連記事のバックナンバー)

イオンド大学の学位商法

【続】イオンド大学の学位商法

| | Comments (14) | TrackBack (0)

【学位商法問題】健康不安に付け込んだ被害をなくすために

治療受けさせず死亡と提訴 中学生の両親が1億円請求

 昨年7月、岐阜県恵那市の自然食品研究所「次世紀ファーム研究所」に滞在していた中学1年の女子生徒(12)=神奈川県葉山町=が糖尿病性昏睡(こんすい)で死亡したことをめぐり、生徒の両親が「独自の健康食品に頼り、適切な治療を受けさせなかった」として18日、同研究所の堀洋八郎代表ら5人に計約1億円の賠償を求め、東京地裁に提訴した。
 訴状によると、女子生徒は小児糖尿病の治療のため、昨年7月15日から研究所に滞在。生徒は毎日、インスリン注射が必要だったのに、堀代表らはガマ科の植物を粉末にした健康食品を食べていれば糖尿病が治ると説明。生徒の病状が悪化したのに病院で治療を受けさせるなどの適切な処置を取らず、3日後に糖尿病性昏睡で死亡させたとしている。
 記者会見した父親(51)は「難病を抱える家族をだまし、娘を死なせた。代表らには責任を取ってほしい」と話している。
(共同通信) - 1月18日19時3分更新


真光元被害者の会が発足しました。

これ以外にも、サプリメント、健康食品や外気功など、難病で苦しむ人々や健康不安を抱える人々の心理につけこんだ商法は大きな問題になっており、刑事事件として摘発されたケースもあります。

国もこの問題については、強い関心を持ち、独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに「科学的根拠のある情報とは?」という非常にためになるページがあります。

この手のサプリメント、健康食品や外気功などの商法の被害者を蔓延させ、被害を拡大するための一翼を担っているのが、学位商法とマスコミを通じた宣伝広報であると思います。
例えば、真光元の事件の際には、次世紀ファーム研究所の堀代表はパシフィック ウェスタン大学なるディプロマ・ミルから学位を取得して自らの権威付けに使用していましたし、薬事法違反で摘発された佐野鎌太郎医師は、イオンド大学IOND大学)というこれまたディプロマ・ミルから学位を取得していました。

イオンド大学は、効果の怪しい「薬王海源」なる健康食品を販売したり、はてまては、業者の箔付けに悪用されかねない教授職を販売したりするなど、もはや、単なるディプロマ・ミルとは言えない存在です。

イオンド大学IOND大学)の創立者は、ニンニクげんこつラーメンで有名な、グロービート・ジャパン株式会社の株式の51%を保有するオーナー中杉弘氏(本名 黒須英治)氏です。

黒須英治氏の思想その他の活動については、拙ブログをご参照頂ければと思いますが、これ以外にも、黒須英治氏が部落差別的な思想も持っていることが最近判明しています。

テレビ東京は、その看板番組の一つである「ガイアの夜明け」において、グロービートジャパンを取り上げるようですがウェブクチコミを利用して、ヒット商品を作ろうとしている異業種連合という側面だけに着目しているようですが、報道番組と名乗るのであれば、グロービートジャパンの背景についてまで、徹底的な取材をして頂きたかったと欲しかったと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

【続】イオンド大学の学位商法

☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆
イオンド大学創立者である黒須英治(中杉弘)氏の証人尋問が行われます。
【黒須英治】グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の公判のご案内【中杉弘】

2007年5月25日 午後3時半~4時半 東京地方裁判所428号法廷
           書証の関係や更新手続きなどの手続き
2007年6月18日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問 
2007年6月19日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問
☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆

メシマコブも違法広告=出版社役員ら4人逮捕-中心人物の社長ら送検へ・警視庁

 医薬品でないアガリクス食品を「末期がんに効く」と宣伝した書籍を「史輝出版」(東京都港区)が発行していた事件で、警視庁生活環境課は16日、キノコの一種メシマコブも同様に宣伝したとして、薬事法違反容疑で、同社関連出版社「ライブ出版」(港区)社長木村真木(49)=東京都町田市金井町=や健康食品販売会社「プレーン」(中央区)代表取締役平野公美子(31)=渋谷区東=ら4容疑者を逮捕した。
 また、違法広告事件の中心人物で入院中の瀬川博美史輝出版社長(52)や、書籍を監修した甲府市の佐野鎌太郎医師(69)ら7人も近く同容疑で書類送検する。 (時事通信)

----------------------------------------

書籍の監修者である佐野鎌太郎医師は、ガン専門の西新宿クリニックの名誉院長であり、イオンド大学の名誉博士号もお持ちであり、かつて黒須英治氏が代表取締役をしており、その著書を数多く出版し、さらには、花月食品(現 グロービートジャパン)の内装工事まで請け負っていた株式会社日経企画から「ガンに勝った尿療法─ガンからの生還100人の記録」というご著書も出しておられます。

さらに、ニューヨーク州から正式な大学と認められていない国際学士院大学(International Academy of Education)の副総長にも就任されているようです。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

イオンド大学の学位商法

☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆
イオンド大学創立者である黒須英治(中杉弘)氏の証人尋問が行われます。
【黒須英治】グロービートジャパン(らあめん花月)・日本平和神軍事件の公判のご案内【中杉弘】

2007年5月25日 午後3時半~4時半 東京地方裁判所428号法廷
           書証の関係や更新手続きなどの手続き
2007年6月18日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問 
2007年6月19日 午後1時半~5時  同428号法廷
           黒須英治(中杉弘)に対する証人尋問
☆★☆New!  2007年4月12日更新!公判日程がようやく決まりました!☆★☆


ニンニクげんこつラーメンでおなじみの、グロービート・ジャパン株式会社。その株式の51%を保有するオーナー中杉弘氏(本名 黒須英治氏-北条晋一社長の父親)には、「教育業者」としての側面があります・・・。

「教育者」ではなく「教育業者」?そうです、黒須英治氏は、イオンド大学IOND大学)というディプロマ・ミルを創立しているのです。
ディプロマ・ミルとは、英語のDiploma Mill(Degree Millともいいます)を語源とする言葉であり、日本語で直訳すると「学位製造所」となりますが、学位商法と訳して差し支えないと思います。

イオンド大学IOND大学)は、校歌、愛唱歌まであるのですが、文部科学省の認可を受けた学校法人ではなくただの株式会社()なので、その学位は日本では正式なものとは認められません。
イオンド大学IOND大学)から授与された修士号、博士号を使用していた場合には、称号詐称の罪(軽犯罪法第1条15項)で処罰される可能性すらあります

アメリカ合衆国教育省の公認学校検索ページを使ってイオンド大学IOND大学)のことを検索すると該当する学校がないことが判明します。イオンド大学(IOND大学)の学位はアメリカでも通用しないのです。
例えば、ミシガン州では、イオンド大学イオンド大学)の学位を持っていても、公務員となり、あるいは、昇進するための役には立ちませんし、それどころか、静岡県立大学教授の小島茂教授によると、非認定大学の学位利用は幾つかの州において違法とされ、中には懲役刑を科される州もあるようです

イオンド大学の教育理念には、色々とご立派なことが書いてありますが、完全歩合制で学位の名誉推薦委員という名のセールスマンを募集していたり、自らの販売する健康食品の権威付けに「大学の権威」を利用しているところを見ると、その真意は金儲けにあると判断せざるを得ません。

あと、どうやら楽天にも出店しているようです。ますます金儲けのにおいがします。

ちなみに、グロービートジャパンの代表取締役副社長である靏見嘉弘(鶴見嘉弘 黒須英治氏の娘婿)もかつて教授陣名前を連ねており、最終学歴の欄を見れば、非公認大学であるサミット大学(SUL Summit University of Louisiana)の発行したMBA(経営学修士号)をお持ちであることが分かります。

靏見嘉弘氏(鶴見嘉弘氏)は、確かグロービートジャパンのアメリカ法人の代表者もされていた筈ですが、同氏が非公認大学の学位を使用して不幸な目にあわないよう人事ながら心配でなりません・・・。

New! 2007.02.02 追加!

文部科学省もディプロマ・ミル問題の解決に向けて重い腰を動かし始めたようです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
「ディプロマ(ディグリー)・ミル」問題について

黒須英治氏(中杉弘氏)ご自身は、イオンド大学の学位が通用しないこともあることを認めています(録音有り!)

(参考条文)
軽犯罪法
第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
十五  官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国における これらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定めら れた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者

| | Comments (104) | TrackBack (4)